恋愛・結婚

「今夜ヤリたい」モテ名言ベスト3

 男が一番緊張するホテルor自宅への「誘い文句」。“性”功率を上げるためには、女心と子宮にドピュ!と響く名言が欲しいところ。そこで、20~30代の独身女性に「SEXするつもりはなかったのに、つい一晩許してしまった言葉」をアンケートした。

モテ名言 第1位の55%の支持を得たのは、タクシーで女性が家までの道程を運転手に伝えている最中の「え、ほんとに帰るの?」だ。アンケート結果で続出したコメントは「かわいい……」で、どうやら女性の母性本能をくすぐるもよう。ほかにも「えっ、私、帰っちゃいけなかったの?と思っちゃう」(31歳・派遣)と相手を見事に誘導することも可能のようで、もしも迷っていそうなら“当然の如く発する”のが効果がありそうだ。

 続いて第2位は、アラフォー男には少々気恥ずかしい「ゴロゴロしよっか?」。「ベッドで仲良くいちゃつく想像が一番しやすい」(24歳・営業)、「遠回りな言い方だけど、優しい感じがする」(22歳・清掃)など、あくまでも“イチャイチャ”を連想させる言葉に女性は惹かれ、もっと一緒にいたいと名残惜しさを感じてしまう。

 逆に下心全開なのに支持を得たのは「バリアン行かない?」が第3位に。バリアンとは、首都圏に増えているバリ風のラブホテルのことで、休憩料金も少し割高。それが理由か肯定派の意見は「相手に興味なくても普段入らないようなラブホなら、イベント感覚で見にいきたい」(21歳・保育士)、「友達の間でも噂になっているし……」(23歳・事務)など若い女性が大半。「話題のホテルに行ってみたかったから」というOKするためのエクスキューズを与えているというのもポイントかもしれない。逆に否定派は「露骨すぎて引く。何かほかに言い方ないの?って感じがする」(31歳・小売り)、「場所が問題じゃないってことがわからない人って最低」(37歳・看護師)など、ラブホ程度の豪華さには騙されない30代ばかりだった。年齢で使い分けたほうがよさそうだ。

 全体的には、下心バレバレの直接的なものよりオブラートに包みながらも「優しさ」「かわいらしさ」をアピールするフレーズがいいようだ。勇気を出して、1位と2位を組み合わせて誘ってみるのもありかも?

●モテ名言の掟
かわいさアピール+思考誘導で、気がつけばお持ち帰りに成功!?

イラスト/ただりえこ

― 女が判定![男のモテ名言]テンプレ集【9】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事