デジタル

価格据え置きでパワーアップ! 新型iMacは何がスゴイ!?

iMac 27インチ
直販価格 15万4800円

iMacがリニューアルした。昨年モデルと同様、21.5型と27型液晶それぞれに2モデルずつラインナップしている。CPUにクアッドコアのCore i5を採用し、グラフィックも強化。パフォーマンスを向上させつつも、なんと価格は据え置きだ。どうせなら大画面、しかもできれば手頃な価格でということで、今回は27インチ3.1GHzモデルの物欲刺激度をチェックしてみた!


 新型iMacの27型液晶ディスプレイは美しい。秀逸なデザインもさることながらLEDバックライトを採用する映像は鮮明で、何より2560×1440ドットと高解像度だ。フルHDと比べても約1.8倍の情報量を表示できる。この液晶だけでも物欲刺激度は高まるばかりだが、スペックも大幅にパワーアップ。

 最新CPU「Sandy Bridge」を採用し、グラフィック機能もAMDのRADEON HDを搭載する。動画編集や3Dレンダリングなどヘビーな動作も楽々行えるのだ。また、ウェブカメラは「Face Time HDカメラ」と名称が変更され、ハイビジョンでビデオ通話が楽しめるようになった。

 話題の「Thunderbolt」も2基搭載。今のところ対応周辺機器はおろかケーブルも未発売で恩恵は受けられないのだが、10Gbpsもの高速データ転送速度を持つ次世代規格なので、近いうちに活用できる環境も整うはず。

 筆者的には、付属マウスの「Apple Magic Mouse」を、無料で「Magic Trackpad」に変更できるのが地味にうれしい。机の空きスペースが狭い人には、このマウスはオススメだ。

 ただし、光学ドライブがBD非対応のDVDのみというのは残念。まあ、ここは価格を考え妥協のしどころか。エントリーモデルなら15万4800円と手頃なのはいいのだが、筆者が買うとすれば、Apple StoreでCPUを強化して、メモリを増やし、SSDも搭載したい。ここまでやると30万円前後になってしまう。どの程度のカスタマイズで済むかは、注文時の物欲が決めることになるだろう。

 ここ数年、どんどん利用するアプリケーションが減り、クラウドサービスが増えている。ブラウザさえあればOSにこだわる必要がない状況になりつつあるのだ。「Macのデザインが好き」といった理由で、Windowsから乗り換えても問題なし。検討してみてはどうだろう。

背面もすっきりしており美しい。わざわざ背面が見えるように配置したくなる。USBやLANなどのインターフェースは左下にまとめられている



ITライター柳谷智宣の
物欲刺激度 3/3


サブのデスクトップPCが故障したので、ただいま代わりを物色中


■ 編集担当Kの
物欲刺激度 3/3


Windowsマシンばかり4台使い分けているワタクシ。1台ぐらいMacでもいいのだが、MSオフィスをいまだに手放せずMac購入には至らない。別途MSオフィスを買うと、その分だけ似たようなスペックのWinマシンよりも割高になる。物欲は刺激されまくりだか、実際に買うかと言えば、今回もないかなあ。

お酒を毎晩飲むため、朝出勤する会社勤めが無理ということで20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープンし、国内外5店舗を展開。2年前には海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げた

ハッシュタグ




おすすめ記事