ニュース

弁護士による「残業代請求バブル」が始まった! これでサービス残業や長時間労働が無くなる!?

 司法制度改革以降、日本の弁護士数は著しく増加し、弁護士余りという状況が生じた。SPA!でもたびたびその実態についてリポートしてきたが、過払い請求に続く新たなバブルに沸いているというのだ。

過払い請求で有名な大手も参入


残業

政府はサービス残業の撲滅に本腰を入れ始めたが……(写真はイメージです/AFP=時事)

 安倍政権は9月、内閣官房に「働き方改革実現推進室」を設置した。狙いのひとつは、サービス残業や長時間労働など、日本企業の“悪習”を変えることにある。これに加えて、残業代ゼロ法案や、残業規制の強化(いわゆるサブロク協定の見直し)も進めている。

 これまで日本人が当然のように受け入れてきた「残業」が大きな転換期を迎えていることは間違いないが、この流れをチャンスとばかり、虎視眈々と狙う業界がある。それが弁護士たちだ。

 プラム綜合法律事務所の弁護士代表・梅澤康二氏は言う。

「これまで数年間、弁護士業界は過払い金請求バブルに沸いていましたが、来年の時効(10年)に伴い、ブームは去った。代わって最近多くなってきたのが残業代の請求です。参入する弁護士は増えています」

次のページ 
労働組合・連合東京の相談員の証言

1
2




おすすめ記事