ニュース

金正男の知られざるマカオ生活を激写!

金正日の死去後、一時、行方不明と伝えられた長男の金正男。金正恩が正式に後継者となった今、「暗殺されるのか」という情報も流れたが、父の死去後すぐに帰国し、その後、またマカオに舞い戻ってきたことが韓国メディアなどの報道で明らかになっている。

徐英羅,金正男

2人目の愛人とされる徐英羅さん。元CA だけあって美人だ(『蘋果日報』より)

では、金正男はマカオでどのような生活をしているのか? 昨年末、香港紙『蘋果日報』が報じたところによれば、妻は北京におり、1番目の愛人と2番目の愛人はともにマカオにいるという。同紙は30代の2人目の愛人・徐英羅(ソ・ヨンラ)の素顔を公開したが、彼女はマカオのタイパ地区・海洋花園の高層マンションに住んでおり、隣室住人の目撃情報によると金正男は警護を伴わず、単独で彼女のもとに通っているという。ちなみに彼女は高麗航空(北朝鮮の国営航空会社)の元CAだ。

では、金正男はマカオでどのような生活を送っているのか? 日刊SPA!取材班はマカオ通の日本人や、マカオ在住邦人数人に聞いてみると、意外な姿が浮かんできた。

「1年半ほど前、金龍酒店(ホテル)の夜総会(クラブ)にいたのを見かけました。ママのうちの一人が韓国人らしく、ホステスに聞いたらたまに来るって行ってましたね。お持ち帰りしてるかどうかわからなかったけど、楽しそうに酒を飲んでましたよ」(Hさん・マカオ在住日本人)

金正男

ニューヤオハンデパートで女性を連れ、買い物をする金正男(写真提供=Kさん)

「マカオ唯一のデパート『ニューヤオハン』で見かけたことがあります。最上階にある食品売場で女性と2人きりでした。売り場は日本食も置いてあるんですが、ずっとポン酢とゴマだれの棚で迷ってたのが印象的でしたね。一緒にいた女性と『鍋はポン酢か、ゴマだれか』、で論争していたんでしょうかね(笑)。自宅ではよく日本の鍋を食べるんでしょう」(Kさん・出版)

「私はアルティラホテルのスパ(エロじゃないほう)で1度、見かけましたね。あとベネティアン(ホテル&カジノ)にある日本食レストラン『大江戸』の常連として有名ですよ。彼はよくここで高級和牛しゃぶしゃぶを食べてるみたい。知り合いのマカオ人によると、金正男は韓国料理が嫌いで、日本食と飲茶が大のお気に入りだとか」(Fさん・マカオ在住日本人女性)

1番目の愛人には2人の子供もおり(ボスニア・ヘルツェゴビナのインターナショナルスクールに入学して話題となった金正男の息子も1番目の愛人との間の子供)、家族や愛人とマカオで生活する一方、高級クラブのホステスを抱いて、日本食に舌鼓を打ち、カジノで賭けに勤しむ……『飲む、打つ、買う』の放蕩生活をしているというから羨ましい。韓国メディアによると、かつて父親である金正日から年間約5000万円を“生活費”として与えられていたという。金正恩が正式に後継者となり、“神格化”が進む一方、異母兄弟の兄は今後もマカオで豪奢な生活を続けることができるのだろうか?

取材・文/日刊SPA!取材班




おすすめ記事