雑学

3日間ほど本気で「ヘアケア&スキンケア」すればブサイク男から脱出できる

 冬はオトコをブサイクにする魔の季節。年末年始から暴飲暴食が止まらず冬太り、外出もせず劣化するファッション、さらには「うつ病」になりがちな季節でもある冬――

ヘアケア、スキンケアで挽回できる!


薄毛「正月明けは男性が全体的に雑になります。パーツでいえば歯が汚くなっているのが多いんですが、個人的に見ていて気になるのは特に髪の毛ですね。寒気と風でパサつくのはもちろん、年を取るとうねりが強くなる。薄毛予防の面でもよくありません」というのは、美容ジャーナリスト・加藤智一氏。だらしない腹がもとに戻せなくても、「髪や肌の調子を整えるだけで少しはマシに見せることができる」という。

 また、シミや加齢の原因となる紫外線A波は冬も降り注いでいることを知らない人が多いため、劣化が進む原因となる。

「特にこの時期、男性に足りていないのは“脂”です。顔がギトギトしている人がこの時期は多いですが、乾燥により皮膚表面や頭皮の脂分が足りず、皮脂が過剰に分泌されている状態なんです」

男性の肌 だが、こうした状態は3日間ほど本気でケアすればそれなりに見せることができるらしい。

「肌にも髪にも使えるマルチユースオイルを使うと劇的に変わります。ベストは植物性のもの。その他、オーガニックコスメだと植物の香りも楽しめますね」

 ダイエットはもはや無理という人は、せめて髪と肌に集中してみてはどうか。

【加藤智一氏】
美容ジャーナリスト。男性唯一の美容ジャーナリストとして、男女問わず有益な美容情報を発信。著書に男性の清潔感について執筆した『お洒落以前の身だしなみの常識』(講談社)など

― [ブサイク]を脱する方法 ―

お洒落以前の身だしなみの常識

基本的なケアから、男性が特に気になる加齢臭やヘアケアまで、男性の「身だしなみ」について紹介





おすすめ記事