雑学

テトリスを3分プレイすれば食欲が消える!? 正月太りを解消する方法

 おでんや鍋、ラーメンなど温かいものがオイシイこの時期。年末にあった忘年会や帰省した実家で新年のおせち料理など、冬はついつい食べすぎてしまうことが多い。そもそも、なぜ暴飲暴食は止められないのか?

満腹「ただでさえ日本は糖質過多なのに、正月はお雑煮や餅などでさらに増える。糖質が多いと体形が崩れるのに3日もかかりません。さらに糖質はベータエンドルフィンを過剰に分泌し、満腹でもさらに食べられるという中毒状態を引き起こす。まず中毒という認識を持つことが必要。人間の行動原理は痛みをさけて快楽を得ようとしますから、マラソンなどのランナーズ・ハイで痛みと快楽の情報をすり替えさせるのも一つの手です」

 健康ブログ「パレオな男」管理人のYu Suzuki氏は、男性ホルモンのテストステロン増加を説く。

「たるんだ体には、月並みですが男性の若返りホルモンであるテストステロンを増やす筋トレが必須。そして、競争する環境に触れ闘争本能を刺激するためにサッカー観戦などに行く。食事中の糖質は総カロリーの20~40%、タンパク質は20~25%が一番テストステロンを増やす。そして睡眠時間は必ず5時間以上取る。テストステロンは睡眠が1時間増えるごとに15%ずつ増加します」

 テクニックを駆使した糖質制限+筋トレでブサイク克服だ。

次のページ 
現在進行形で暴飲暴食している人は…

1
2
3
一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

「食う・寝る・動く」だけで痩せていく。野生の体力を取り戻すパレオ(狩猟民族)ダイエット


人生は0.2秒で変わる - 精神医学的に正しい絶対的な力の使い方 -

情報を0.2秒で選択し続けている潜在意識を操れば、人生のすべては最速で好転し始める!これは単なる自己啓発書ではなく、誰にでも奇跡が起こせる驚異的な医学的メソッドである―。





おすすめ記事