雑学

“都内有名タワマン”の価格と家賃を根こそぎ調査してみた

 都民なら一度はなんとなく見たことある、都心のランドマーク的タワーマンション。外回りの移動中、タクシーの社内で同僚とこんな会話をしたことはないだろうか。

誰もが一度は見たことのある“都内有名タワマン”の価格と家賃を根こそぎ調査してみた!「ああいうマンションって、誰が住むんだろうなあ」
「やっぱ社長とかじゃね?」
「あー、与沢翼的な」
「うん、そういうヤツらだろうね」
「俺たち年収300万円リーマンには無理かな? いくらくらいだろう」
「億レベルなんじゃない? 三菱商事の人とか、ゴールドマンサックスの人なら住めそうだけどね」
「…だよなあ。まあ、今住んでる下落合の物件も気に入っているから別にいいんだけどさ」
「下落合はいいよな、うん」

 そんな平々凡々なサラリーマンが日常で抱く疑問に回答すべく、日刊SPA!取材班では都心部でやたらと存在を主張している(ように見える)マンションの価格を調査。実際にどれほどの価格か具体的に調べてみたところ、やはりとんでもない値がついていた。

よく見る駅前タワマン、あれいくら?


 今回、物件概要に関しては築年月や総戸数など微妙に不動産サイトによって異なっているものもあったので(※主にHOME’Sを利用)、参考程度に留めて頂きたい。平米数は小数点以下を切捨てた。

飯田橋駅前にそびえ立つ茶色いヤツ:プラウドタワー千代田富士見


⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1304489

 飯田橋駅を通学や通勤で使う人にとっては知らない人はいないだろう。

 地上38階建て(地下2階)の高層高級タワーマンション「プラウドタワー千代田富士見」。築年月は2009年2月、野村不動産が展開するプラウドシリーズのタワマンで、38階建て416戸が入る。

 飯田橋再開発で生まれ、飯田橋プラーノという複合施設の中に含まれている住宅棟で駐車場はない。JR中央・総武線、東京メトロ「飯田橋」駅、東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」という5路線の利用が可能。牛込見附、外濠、神楽坂も程近く、歴史と伝統そして豊かな自然に包まれた好環境を謳う。

 間取りのタイプは1LDKと3LDKで、49平米~93平米の部屋の分譲賃料は230,000円~500,000円とのこと。3月16日現在、24階3LDK(90平米)の物件が1億9000万円で売り出し中。

上野公園を歩いていると不忍池の向こうに見える高いビル:ルネッサンスタワー上野池之端


 不忍池を歩いていると、根津側にやたらと高いマンションが目に入らないだろうか。いやらしいほどにタワマンであることを主張している上野付近のタワマン軍団の値段が気になった人は少なくないだろう。

 左は「パークタワー上野池之端」(高さ106.6m)、中央の「シティタワー上野池之端」は(高さ85.9m)、そして、右の一番背の高いタワーマンションが「ルネッサンスタワー上野池之端」(高さ136.5m)だ。

 東京メトロ千代田線・根津駅から徒歩4分、東京メトロ千代田線・湯島駅から徒歩5分で、上野公園にほど近く緑豊か。総戸数308戸で築年数は2005年1月、地上38階・地下2階建て。1LDKや2LDKといった間取りがあるようで、面積は42平米~72平米となっている。

 分譲賃料価格では14万6千円~28万円というデータが、また1億1,500万円の分譲販売物件(3LDK・約104平米)を確認できた。新築分譲時売主は東急不動産など。

次のページ 
汐留や麻布のタワマンも

1
2




おすすめ記事