恋愛・結婚

女性をホテルに誘うには下準備が大切!?

無理めな女性 無理めな女性をホテルや自宅に誘うことは、まさに男の本懐。ここで、女性から快諾を受けるにはどうしたらよいのだろうか? 自身のブログで、3ケタを超える豊富な性生活を綴る、作家の龍堂薫子氏に教えを請うてみた。

「女性をホテルに誘うには、下準備が大切。第1段階に“色気より親しみやすさ”が必要となります。彼女が冗談を言ったら『バカだな~』と言いながら、優しく頭を叩いたり、一度落としたあとに褒めて、パーソナルスペースに侵入することが重要です」

 ここで、“人間として親しみやすい”と思わせることができたら第2段階へ移行だ。

「会話の最中にちょくちょくイジった後、今度は一転、女のコを持ち上げましょう。女性は話題の中心になるのが大好き。親しみやすいうえに、“私を見てくれている人”と勝手にインプットさせることができるんです。合コンの場合は、親しみやすさに加え、“モテる男”と印象づけるとさらに効果的。ただし、ターゲットの女のコだけでなく、ほかのコも褒めて、女性同士の闘争心を煽りましょう。女性特有の『モテる男に選ばれたい!』という意識から、あなたを見る目が変わります。また、最後にターゲットのコに戻れば、『私が選ばれた』と解釈するので、その後のお持ち帰り交渉がしやすくなるのです」(龍堂氏)

◆「帰る」という選択肢を与えず、時には強引に

 そして、決定打となる交渉へ。「大切なのは、『帰る』という選択肢をなくすこと。といっても、無理に引き留めるのではなく、『飲みに行く? それとも疲れたから休む?』という2択から選ばせれば
OK。女性に決定権を与えつつ、男性の思い通りに誘導することができますからね。女性が答えを迷っている場合は、思い切りのよさも必要です。『よし、2軒目行くぞ!』と、やや強引に引っ張ってあげることも時には大事。後押しがあれば、女性もついて行きやすくなるものです」(同)

 最後に龍堂氏は、こうまとめる。

「お持ち帰り交渉術を成功させるのは、余裕と多少の強引さが必要です。グズグズ悩まず、断られても気にしない余裕を持ちましょう。それに、男らしく引っ張ってもらうと、女性もエスコートされている気分になって、悪い気はしないものです。ちょっとの強引さで展開は劇的に変わります。私は今まで何度も女性たちから『あそこで誘ってくれればついていったのに』という体験談を聞きました。男性が思っている以上に、女性だって期待しているんです。もっと直球勝負していいと思いますよ」

【龍堂薫子氏】
作家。片っ端から男と寝るヤリマンだが、好きな人とは口も利けない超純情乙女。ブログ「鬼畜!ヤリマン道場」(d.hatena.ne.jp/ryudo-kaoruko/)が人気に

― 無理難題に「YES!」と言わせる 目からウロコの交渉術【9】 ―




おすすめ記事