ライフ

中年太りでも「シュッとして見える」スーツの着こなし方

「Vゾーンとフロントカット」で体型は自由自在

 スーツにおいて体型を綺麗に見せるためには、ポイントは「Vゾーンとフロントカット」です。Vゾーンは言葉通りシャツとネクタイが見えるジャケットの開いている箇所。フロントカットはジャケットの裾の開きのことです。この2箇所の「開き具合」を調整するだけで痩せ型でも太り気味でも体型は誤魔化すことができます。  まず通常、華奢な日本人は「Vゾーンとフロントカット」をXラインに整えることが推奨されています。つまりよりVゾーンを広く、フロントカットも左右に開いた状態にさせます。  こんな感じで2つボタンで広くVゾーンを取り、裾は左右にグイッと開いたフロントカットのジャケットを選ぶのがオススメです。こうすることで、華奢な体型でも「筋骨隆々としているからジャケットが左右に広がっている」様に感じさせることができ、体型を逞しく男性的に見せることができるのです。  ……しかし、中年となり太ってくると話は別。華奢な体型を逞しく見せるのではなく、「太ましい体型を少しでも細身に感じさせる」ことが求められます。  そして、その場合は逆です。Vゾーンを狭く、フロントカットも狭くするのがオススメ。体型をすっぽり隠してくれるので、太り気味のお腹周りを細身に感じさせることができます。  好みもあるでしょうが、例えば、3つボタンや、Vゾーンがやや狭い2つボタンなどがオススメです。スーツを新調する際などは意識して見るようにしてみてください。
次のページ right-delta
正しく靴を選ぶとスマートに見える
1
2
3
最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠