雑学

新築マンションをローンで買った直後に給料が激減…40代サラリーマン家庭の悲劇

貧困 住宅ローンが重しになるのはどの世帯にも共通。なかには極限まで節約しても、“ヘビの生殺し”状態に陥ってるケースもある。

 新卒後、大手OA企業を皮切りに転職を繰り返してきた安藤祐一さん(仮名・45歳)は、現在の職場で働き始めた年に、新築マンションを3800万円で購入。頭金500万円、毎月のローン支払額は14万円(管理費込み)になるという。今から5年前のことだった。

「最後のチャンスかなと思い、思いきって買ったんです。そうしたら、その直後から給料が下がり始めて、現在は手取り22万円です」

 奥さんも契約社員としてメーカーに勤務し、月に20万円ほど稼ぐ。だが、月14万円の住宅ローンと月12万円の一家の生活費は夫が出すことになっている。

「つまり最低でも月に26万円は稼がないと、自分が自由に使えるお金がないということなんです。しょうがないから、今は自分のへそくりを切り崩して生活してます」

 こうなると、営業先で入る喫茶店代も出せない。同僚とランチを食べるカネもないわで、最近は出社前におにぎりを作っている。飲み会なんてもってのほかだ。

次のページ 
私立高に通う息子の教育費は年間100万円超

1
2





おすすめ記事