マネー

ビットコインで1週間生活してみた――口座開設に一苦労、会計トラブルで20分以上待ちぼうけ…

「ごつ盛り」からの脱却 ようやく出金・決済ができるように…3日目


 3日目(1月12日)。国内の取引所「ビットフライヤー」からついに「取引確認の完了」メールが到着。これで晴れて出金ができるようになった。その足で向かったのがビットコイン精算のできる「バー銀座パノラマ渋谷店」。ジオラマを走る電車を見ながら、ワンコインからお酒が飲めるお店だ。

ビットコインで注文できる鉄道バー「パノラマ」(渋谷)。一人で来てもミニチュア電車の走る様子を見れば気が紛れる

 なおビットコインで決済する人は「最近は、逆に少ない」そう。店主いわく、「今どんどん上がっているので、通貨として見られていないのかも」とか。初のアプリによる決済はちょっと緊張したが、お店のスマホのQRコードを読み取り、どうにか支払えた。

 このあと、まだ希少な存在であるビットコイン決済が可能な大手量販店のビックカメラにも寄り、「ストロングゼロ」とおつまみを購入。だが対応するレジが少なく、フロアを右往左往しながらの会計作業となる。店員さんも慣れない様子で、恐縮しながらもどうにか買い物完了。我慢していたお酒が手に入り、生活にも張りが出た。

 なおビットコイン以外の仮想通貨でも買い物ができるお店があるか調べた。が、モナコインは東京で使えるお店が数軒あるが、リップルが使える店は、リサーチの結果、埼玉のうなぎ料理店1店だけ。イーサリアムにおいては一店も見つからなかった。

《ビットコイン生活3日目》
amaten(nanacoギフト券購入) 0.00119191BTC 2,000円
手数料 0.0008BTC 1,342円
バー 0.00176BTC 2,980円
手数料 0.0008BTC 1,355円
ビックカメラ 0.0007BTC 1,180円
合計 0.00525191BTC 8,857円

次のページ 
ビットコイン生活中にどうも相場が…

1
2
3
トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

20以上の実例チャート付きで初心者にもわかりやすい「ビットコイン取引」の入門書





おすすめ記事