マネー

ビットコインで1週間生活してみた――口座開設に一苦労、会計トラブルで20分以上待ちぼうけ…



会計トラブルで20分以上待ちぼうけになる…4日目


 4日目(1月13日・土曜日)。10時ごろに起きて遅めの朝食。アマゾンで買ったカップ麺「ごつ盛りコーン味噌ラーメン」とビックカメラで購入した豆系おつまみを食べる。

 夕方は赤坂の焼き肉店「九州焼肉 てにをは」へ。切り落としカルビやライスなどを楽しんで2523円。ここでは土地柄、羽振りの良い社長さんらが月5~10回ほどビットコイン精算をしていくそうだ。脂の乗ったおいしい肉を食べて、さて会計を……というところで、問題発生。入金しても店側の端末でなかなか反映されず、20分以上お店で待ちぼうけになった。ここまで待つのは珍しいそうだが、やはりこのあたりがビットコインの課題か。

焼き肉

一人ビットコイン焼き肉。決済時はお店のQRコードを読み取り、取引所からコインを送信する。間違うと二度とコインが戻らないので要注意だ。

《ビットコイン生活4日目》
焼き肉 0.00149BTC 2,523円
手数料 0.0008BTC 1,355円
合計 0.00229BTC 3,878円

 なお、企画スタート時は1BTCの最高値が188万円ほどあったものの、どんどん落ちて一時168万円まで暴落。「持っているだけ価値が下がる」ことに妙な焦燥感を覚えた。が、この日は176万円まで戻して少し気が楽になる。

 この後、さらなる暴落が待ち受けていることは知る由もなかったが……。(※近日公開予定の後編へ続く)

取材・文/カシハラ@姉御 和場まさみ 辰井裕紀 安英玉(本誌)
― ビットコインで1週間暮らしてみた ―

ビットバンク

1
2
3




おすすめ記事