ニュース

教師が生徒から没収したエルメスのマフラーを私物化…増える“没パク”教師

 友人から貸りたものを自分のものにしてしまう“借りパク”。「つい返しそびれてしまって」と謝れば許されるレベルの話から、意図的に繰り返す常習犯のような悪質な例まで、世の中にはさまざまな“借りパク”事例が溢れている。

学校 だが、なんと学校で生徒から「校則違反だ」として没収したものを私物化してしまう“没パク”教師がいるという。しかも、少ない例ではないというのだ。

 関西の公立中学校教師の水原健夫さんさん(仮名)は、同じ学校のクラス担任の女性教師(32歳)が女子生徒から没収したマフラーを私物化した件を語ってくれた。

「いわゆる“没パク”(※没収してパクるの略)は、教師の間ではよく聞く話です。ウチはマフラーの着用が禁止で、破ったら一時的に没収していました」

 そもそもなぜマフラーの着用が禁止なのか、というツッコミもあるが、同じような校則を持つ学校は多い。

「普通はマフラーなどを没収した場合、その日の放課後に返すのですが、彼女は没収したのがエルメスのマフラーだと知ると、『3学期終了後に返す』と生徒に告げ、その学期末には『卒業まで返せない』と前言を撤回。結局、そのまま私物化して、他の先生には『ブランド物だよ』と自慢していました」

学校 だが、このままで済むはずもなく、生徒の親は激怒。

「最後には生徒の母親が『返却に応じなければ県の教育委員会に訴える!』との内容証明を校長宛てに送りつける大騒ぎになりました」

 このような事例はほかにもあるそうで「他校の話ですが、没収したニンテンドー3DSを自分の子供に与えた教師もいる」と水原さん。もちろん、こんな“没パク”教師はごく一部だけの話、と思いたいところだ。<取材・文/週刊SPA!編集部>





おすすめ記事