雑学

冬服を一瞬で「春らしくさせる方法」

▼色小物は「面積」と「色彩」に注意する 冬服を一瞬で「春らしくさせる方法」 また上下ダークトーンの秋冬らしい組み合わせでも、バッグに明るい色を持って来るだけで少し春らしい印象が生まれます。  ここで注意して欲しいのが「面積」と「色彩」です。色はなんでも使えばいいというわけじゃありません。春らしい季節感を出したいのなら……薄い色を選ぶときはなるべく面積を広く、面積の小さいバッグの時は激しい原色を選ぶようにしてあげてください。  洋服は色彩によって印象が異なります。真っ赤な原色なら当然、目を引いて明るく春らしく感じさせてくれますが、それがあまりにも大きい面積で表現されると途端に「子供っぽい」「安っぽい」と感じさせてしまうもの。 冬服を一瞬で「春らしくさせる方法」 そこであまりにも激しい目立つ色を使うときは、小さい面積で抑えてあげるといいのです。  逆にベージュなどの薄いカラーの場合は小さい面積では効果が弱いので、リュックなどの大きめのものを選んであげるといいでしょう。  色モノを使う際には「面積」と「色彩」に注意すると、子供っぽくなることなく季節感を纏えるのです。
次のページ 
肌露出は「縦方向」でなく「横方向」に
1
2
3
幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事