エンタメ

プロレス大賞特別賞のSKE48・松井珠理奈、アイドル×プロレスの可能性は?

 『AKB48グループメンバー×プロレス×ドラマ』という前代未聞の組み合わせが大反響を巻き起こし、その白熱したプロレスシーンはアイドルファンのみならず、プロレスファンをも魅了した「豆腐プロレス」。前回、聖地・後楽園ホールで行われた「豆腐プロレスThe REAL2017 WIP CLIMAX in後楽園」に続く第二弾「豆腐プロレス The REAL 2018 WIP QUEENDOM in 愛知県体育館」が、開催された。

ハリウッドJURINA(松井珠理奈)

 メインイベントはSKE48の不動のエース・松井珠理奈(リングネームはハリウッドJURINA)と、同じくSKE48の須田亜香里(リングネームはオクトパス須田)の地元対決に注目が集まったが、最後はJURINAが須田のシャイニングウィザードに沈むという意外な結末となった。

 結果そのものより気になるのが、アイドルとプロレスという2つのジャンルが、うまく融合したのかという点。長い間、女子プロレスや格闘技のリングを間近で見てきたカメラマンの丸山剛史氏は、興奮冷めやらぬ様子で、次のように語る。

「プロレス自体は決してうまいわけではないのですが、彼女たちの本気度が半端なかったです。特に今大会輝いていたのはヒール(悪役)の工事現場同盟で負けて悔しくて泣くあたりがプロレスにかける思いを感じ、こちら側も感情移入できて良かったです。この団体の絶対的エースハリウッドJURINA(松井珠理奈)が昨年この豆腐プロレスの番組でプロレスに目覚め、年末にはプロレス大賞特別賞を受賞するまで上りつめたましたが、おそらく、関わった豆腐プロレスの選手たちにとって面白いわけがなく、『次は私が』という気持ちが全面に出ていましたし、マイクパフォーマンスにも表れていました。メインでハリウッドJURINAが負けた時の客の反応が物語っているようにいい意味の裏切りが次の大会の期待を感じさせました」

AKBメンバー以外で唯一登場したアジャ・コング

シャイニングウィザードでフィニッシュ

 客の大半はアイドルファンでプロレスの楽しみ方をまだほとんど知らない。プロレスファンと混ざって化学反応を起こせばとてつもないパワーになるのではないかと、アイドル×プロレスの未来を感じた一日であった。<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/丸山剛史>

ハッシュタグ




おすすめ記事