エンタメ

辺見えみりだけじゃない! 美しすぎる“バツ2以上”の女性有名人たち

 タレントの辺見えみり(41)が離婚を発表した。彼女は2008年にお笑い芸人の木村祐一(55)と離婚、俳優の松田賢二(46)と再婚していたが、今回で2度目。要するに、“バツ2”となる。だが、美しい容姿ゆえに恋多きこともうなずける。バツ2以上の女性有名人は珍しくない!

辺見えみり

画像は、公式ブログより

辺見えみりだけじゃない! 美しすぎるバツ2以上の女性有名人


 実際のところ、バツのついた有名人を挙げればきりがないほどだ。今回は、バツ2以上の美しすぎる女性たちを紹介していきたい。

hitomi(歌手・バツ2)


 シンガーソングライターのhitomi(42)。1994年に小室哲哉プロデュースの楽曲「Let’s Play Winter」でCDデビューを果たした。作詞は彼女が手掛けており、「CANDY GIRL」や「LOVE2000」などのヒット曲がある。2002年、7歳年上のデザイン会社勤務の男性との結婚が報じられた。

 しかし、5年後の2007年に離婚する。翌年に俳優の羽田昌義との結婚を発表、当時すでに妊娠4か月でいわゆる“できちゃった婚”だった。思い起こされるのは2009年、一糸まとわぬ妊婦ヌード写真集が発売され、大きな話題を呼んだ。

hitomiさん(@hitomi_official)がシェアした投稿


 だが、2011年に離婚。バツ2となった。2014年、ブログで3度目の結婚が発表され、お相手は一般人とのことだった。

松田聖子(歌手/女優・バツ2)


 かつて「ビビビッときた」という言葉が流行語にもなった歌手・女優の松田聖子(55)。1985年に映画で共演した俳優の神田正輝と結婚。ふたりの間に産まれた長女が神田沙也加である。しかし、1997年に離婚。ここでバツ1。

 1998年、わずか交際2か月で6歳下の歯科医師の男性と再婚。記者会見には多くの報道陣が詰めかけた。「ビビビッときた」というセリフは、その際に飛び出したものだが、出会いは、娘・沙也加が通っていた歯科医院だったという。しかし、2000年に離婚となった。バツ2である。その後、2012年に再々婚を果たす。お相手は、またしてもかかりつけの歯科医だった。もしかすると、歯科医院は出会いの穴場なのだろうか!?

土屋アンナ(モデル/歌手・バツ2)


 歌手・モデルとして活動する土屋アンナ(33)。2004年にモデルのジョシュアと結婚するが、2006年に離婚。2009年にスタイリストの男性と“できちゃった婚”をするが、2016年に離婚。バツ2となる。同年11月に現在の夫である一般男性との間で妊娠したことを発表。そして、再々婚となった。


 ちなみに、それぞれの男性との間に子どもをもうけている。波瀾万丈でありつつ、そのロックな生き様に憧れるひとは多いだろう。

次のページ 
バツ3の女性も多い

1
2





おすすめ記事