マネー

仮想通貨で300億円の資産を築く! 億り人・三崎優太が目論むICO長者への道



 また先日、あらたなICOに参加するために5億6千万円をコインチェックのウォレットに入金したばかり。これをイーサリアムに替えて、これからORBS(オーブス)というICOに参加しようと思っているところです。今はプレセールの状態なので国内の知名度はまだそれほどありませんが、第二のカルダノ(ADA)になるのでは、とも言われている注目のICOです。

 おそらく僕自身、これまでにFXや株での投資経験があったため、ここまで多額の投資ができているのかもしれません。しかし仮想通貨市場は、乱高下や様々なニュースが起こりますが間違いなく上昇相場が到来し、「超絶買い」の状況になると思っています。またツイッターでは「いつまで上昇基調なの!?」という質問を度々受けるのですが、それは正直誰にもわからないこと。しかし一つの目安として、仮想通貨の所有が一般的になる2~3段階ほど手前が一つのポイントかなと思っています。もし国民の大半が仮想通貨を保有して、なおも相場が上がり続けて全員が大勝利したら、インフレが引き起こされてしまいますから。

資産300億円で叶えたい3つの夢


 ちなみに僕の今年の目標は、原資10億円を使って資産300億円を達成すること。300億円の収益を得た暁には、まず100億円を元手に中央競馬会に参入したい、そして100億円分で社会貢献に役立つ事業に活かしたい、残りの100億円は個人資産に充てたい、そんな計画を密かに練っています。自分で言うのもはばかられますが、これには自信があります。そしてこれから当コラムでは、この10億円が300億円になる過程を皆さんにレポートしたいと思っています。万一価格が暴落し、自分の資産がゼロになったとしても、その顛末を含めて皆さんに伝えたいとも考えているところです。

<三崎優太/みさき・ゆうた>
メディアハーツ代表取締役。18歳で起業し、「すっきりフルーツ青汁」が累計1億3000万本の大ブレイク。株や仮想通貨への投資も意欲的に行う。近著に『仮想通貨「ICO投資」ってやつで10万円を2億円にしてみた』がある

ビットバンク

1
2




おすすめ記事