エンタメ

集団レイプ被害女性を熱演! 平塚千瑛「こんなに現場で泣いたのは初めて」な映画の中身とは?

 性犯罪被害者への支援が叫ばれるなか、15歳で集団レイプ被害に遭った女性の半生を描いた映画『私は絶対許さない』(4月7日公開)が注目を集めている。

平塚千瑛 同映画は中学3年生のときに、集団レイプされた雪村葉子が著した『私は絶対許さない』(ブックマン社刊)が原作。レイプ後は地元ヤクザの愛人になり、お金を貯めて大学に進学。上京してすぐに全身整形を施し、学費と生活費のために風俗を転々とする。そこで、知り合った男性と結婚するも、夫の偏った愛情に苦しむ……という壮絶な半生を描いている。そんな映画で主演を務めたのは、女優の平塚千瑛。「こんなに現場で泣いたことはない」と語った彼女に、初主演映画の感想を聞いた。

「手記として書かれた原作を初めて読んだとき、性犯罪をここまでリアルに、そして被害者が声をあげた作品というのはないなと衝撃を受けました。多くの性犯罪被害者は声をあげられない。だから、演じるということに『怖い』とか『覚悟が必要だった』とかいう感情以前に、この作品を通じて、世の中の人に現実を知ってほしい、この事件を絶対に許してはいけないという使命感が出ました」

 映画内ではヌードにも挑戦。作品を忠実に再現するため、おっぱいパブのシーンやSM女王など原作者が経験した場面をすべて演じ切ったという。

「本当に忠実に再現した作品でした。SMの女王様を演じるシーンでは、実際の女王様に現場にきてもらって2時間ぐらい指導を受け、所作などを叩き込んでもらいました。SM界の方からも評価されるように、歩き方やローソクのたらし方、ムチの使い方、美しい叩き方とか……最後は女王様から『筋がいいね』って褒められて(笑)」

 実際に原作者の雪村葉子氏にも会った。そして、壮絶なエピソードをいろいろ聞き、この複雑な気持ちが入り混じる作品に挑んだという。

「すごく綺麗な優しい方でした。演技の参考になるのなら、と気さくに当時の話をしてくれたんですが、断片的にしか覚えてなくて。そうした部分からも、私たちの想像を絶する辛い体験をなさったのだと感じました。だから、現場に入ってからは泣いてばかり。こんなに現場で泣いたのは初めてです。雪村さんの気持ちを考えたら、泣けてきちゃうんです。この作品では主人公は最悪自殺も考えるぐらい辛い経験をしたにもかかわらず、自分を責めずに過酷な経験をパワーに変えて生きていくんです。またそれとは対象的に落ちぶれていく加害者の描写もあり、因果応報を伝える作品にもなっています。映画をご覧になった方に性犯罪被害者の苦悩を伝えられたらと思います」

 この映画は完全主観撮影という、今までにない撮影スタイルで構成。性犯罪被害を受けた女性の目線でカメラワークが展開され、彼女が見る世界がどう変わるのかを表現している。ときに目を背けたくなる現実が映し出されるが、そこから目を背けてはいけない――。この映画は今春、一番の問題作になることは間違いないだろう。

<取材・文/日刊SPA!編集部 写真提供/「私は絶対許さない」製作委員会>

【平塚千瑛】
’88年、山形県生まれ。’13年「ベストボディジャパン」グランプリに選ばれ、’17年にはファースト写真集『Birth』(双葉社刊)も発売。また、女優としてドラマや映画にも数多く出演し、初主演映画『私は絶対許さない』が4月7日よりテアトル新宿で公開

■映画情報■
『私は絶対許さない』
4月7日(土)~テアトル新宿ほかレイトショー上映。詳しくはこちらまで
http://watashihazettaiyurusanai.com/


ハッシュタグ




おすすめ記事