恋愛・結婚

夫は18歳上の小太りおじさん…21歳美女がフツーの中年男に恋したワケ

 世の中には一回り以上年齢の離れた夫婦がたくさんいる。男性が年上の場合、経済力などに惹かれる若い女性といった構図が浮かぶだろう。しかし、世の中には、高給取りでもないフツーの男性と「年の差結婚」した女性も多くいるのだ。
 果たして女性は彼のどこに惹かれたのか。今回、21歳のときに39歳男性と付き合い始め、23歳で結婚した女性に話を聞いた。

見た目に惹かれる要素はなし


 今回話を伺ったNさんは現在32歳。紺のストライプのシャツにベージュのワイドパンツを合わせており、丸顔に黒目がちな大きな瞳が印象的なNさんは年齢より若く見える。旦那は現在50歳。まずは出会いについて聞いてみた。

「出会いは、お客さんでした。当時私はキャバクラというか、地元の駅にあるスナックで働いていたんです。カウンターレディーをしていました。旦那はそこに会社の人たちと来ていた人ですね」

 見た目に惹かれる要素なし。店終わりに食事に誘われる機会があったものの、さまざまな理由で断っていたという。

「見た目は、当時39歳で年齢通りの少しぽっちゃりした中年といった感じで、カッコ良くはなかったです。上司や同僚の方と来ていて、その中でもパッとするタイプじゃなかったし。

 見た目は温厚そうなのに、積極的でお店が私は0時までだったんですが、その後に飲みに行こうとよく誘われていました。小さな店なので、アフターや同伴なんてないんですよ。完全プライベートになってしまうので、正直面倒臭かったです。『ママにダメだと言われているから』とか、『家で年の離れた弟の世話がある』など、色んな理由で断っていました」

相談してくれる懐の広さに……


 では、異性として意識し始めたきっかけは?

「一度、ママと彼の同僚と4人で食事に行くことになったんです。ママが同僚の男性と仲良くなってしまって。そのご飯では必然と2対2になって、初めて外でゆっくりと話したんです。そしたら、ちょっと家のことを相談した時に親身になってアドバイスしてくれたり、お酒を入れなくても話が続いたんですよ。彼とはお酒なしでは会話は合わないだろうなという先入観を持っていたので。

 当時私は年齢の近い人と付き合っていて、自分勝手に色々決めるところにうんざりしていました。そのこともあって、自分勝手に決めることはなくて、相談してくれるところに惹かれましたね。こんなに年齢が違うのに、個人として認められている気がしたんです」

 その後、しばらくはお店に黙って付き合うようになり、Nさんは彼のアドバイスもあって転職を決意したそうだ。

「ずっと続けていけるお店ではないと思っていたので、お店をやめること、何か手に職をというところも彼のアドバイスで決断しました。付き合っている最中はお店にいつも通り来てくれるんですが、どこか2人ともぎこちなくて。彼も他のお客さんと話す姿にヤキモチを焼くし、私も他の人と仲良くしゃべる姿を彼に見られたくなくて、よそよそしくなっちゃうんですよね」

次のページ 
年上の彼氏だと結婚願望も自然と出てくる

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事