お金

競馬で負けている人の3つの共通点

 例えば基本的には外を回すことが多い関東のベテラン・柴田善臣騎手に内を突く期待をするのは無謀だし、まだ経験の浅い若手騎手に細かな位置取りや進路取りを期待するのも間違っている。天気や馬場、そして騎手の思惑、馬自身の気分…。様々な偶然性や運不運に左右されるのが競馬の難しさであり、また魅力であろう。怒りに任せて冷静さを欠くようでは、冷静な馬券検討など夢のまた夢。勝っている人ほど、実に穏やかなものなのだ。騎手に対して怒りをぶつけるほど愚かなことはないと覚えておきたい。  では、どうすればいいのか? 対処法はカンタンだ。騎手に期待しないこと、騎手自身を乗る機械くらいに思っておけばいいのである。その上で各騎手の特徴を把握する。積極的なのか消極的なのか、内を突くのか外を回すのか、こういった特徴を把握することで、より冷静に騎手の力を馬券に反映させることができる。冷静さを欠いては勝負には勝てない。騎手に怒ったら負け、と肝に銘じておきたい。  いかがだろうか。多くの競馬ファンならば、いずれも身に覚えがあることだと思うが、こういったことをやらないだけでも、何も考えていない多くの競馬ファンよりは有利な戦いができるだろう。競馬はJRAと戦うゲームではない。JRAが設定したルールの中で、隣のオジサンとお金を取り合うゲームなのだ。  TARO氏のより詳細な競馬理論や予想はブログ「TAROの競馬」で読むことができる。予想はレース当日朝に発表されるので、ぜひ参考にして、勝負の一助として欲しい。 【TARO氏】 『TAROの競馬』主宰の競馬予想家。サラリーマンの傍ら、競馬記者歴ゼロでデビュー。メルマガ『TAROの競馬ノート』は業界屈指の読者数を誇る。著書に『回収率を飛躍的に上げる3つの馬券メソッド』(小社刊)などがある 勝SPA!
―[ギャンブル]―
1
2
3
回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド

競馬関連の書籍としては異例の大ヒットとなった、競馬予想家・TAROの『回収率を上げる競馬脳の作り方』の第二弾。

Cxenseレコメンドウィジェット





おすすめ記事