雑学

「おっさん」というだけで職場でハブられる悲しい現実…挨拶は無視、席にはファブリーズを

おっさんたちの#MeToo

おっさんというだけで虐げられる悲しき生き物


 ’17年に米国で映画プロデューサーのセクハラが告発されて以降、世界的な拡大を見せた#MeToo運動。女性がセクハラや性的暴行の被害体験を告白・共有する動きは日本にも広まり、フリージャーナリストの伊藤詩織氏や作家のはあちゅう氏、女優・水原希子氏の告発が大きな話題となった。

 その運動は大きな支持を集め、世の多くの男性も後押ししているが、その中では「自分たちもおっさんというだけで女性から虐げられている」という男性の声も少数だが挙がっていた。そこでSPA!は40歳以上の男性100人へのアンケートと中年男性への取材を実施。すると、女性の性的被害ほど深刻な事例は少なかったものの、世の男性たちが“おっさん”というだけで虐げられている事例や、何げない行動をバカにされたり、冷遇されたりする事例が数多く確認された。

=================
Q.どんな女性に冷遇されたことがありますか?

職場(同僚、後輩、部下、取引先)の女性 70人
学生時代の友人 17人
家族(嫁、娘、母親、姉妹) 15人
元嫁・元カノ 15人
SNSのフォロワー 5人
趣味の知り合い 4人
合コンで知り合った相手 4人
出会い系アプリで知り合った相手 4人

女性から避けられたり、蔑まれたと感じたことがある40代以上の男性100人
(’18年8月3~10日 ※複数回答可)
=================

 SPA!はそのような被害を「おっさんたちの#MeToo」と命名。まずはアンケートで被害の声が多かった職場の事例から見ていこう。

次のページ 
働かせてもらえず、おっさんというだけで無視

1
2




おすすめ記事