ニュース

北朝鮮で「身柄拘束」されたらどうなる? 経験者が語る実態

「映像をインターネットに配信して収入を得ていた……」

 8月30日、北朝鮮を訪問中に一時拘束されていた滋賀県出身の映像クリエーター・杉本倫孝さん(39)は、外務省の事情聴取に対しこう説明したという。杉本さんは北朝鮮への渡航歴が複数回あり、今回も中国を拠点とする旅行会社が企画したツアーに参加。北京経由で平壌入りし、10日に北朝鮮西部・南浦(ナムポ)で拘束されたとみられている。

北朝鮮 北朝鮮国内を巡るツアーは、現地の旅行会社と調整し、観光客のリクエストに沿ったプランが組まれ、ビザの取得もサポートしてもらえる。予算は3泊4日で25万~30万円程度。北朝鮮は現在162か国と国交があり、近年、外国人観光客も増加傾向にあるといわれているが、観光客は事前に北朝鮮側と調整した場所しか訪れることができず、滞在中は2人の「案内人」がついて回るなど、旅先の行動が常に“監視”されることでも知られている。

 もちろん、トラブルに巻き込まれれば身柄を拘束されることもあり得るが、’12年に『隣人。38 度線の北』(徳間書店)を発表するなど、北朝鮮の庶民の姿を撮り続けてきた写真家の初沢亜利氏も、そんな思いもよらぬ体験をした一人だ。初沢氏が当時の状況を振り返る。

「北朝鮮の空港では荷物検査と同時に、スマホの通話履歴や画像データをチェックされるのですが、今年2月に訪朝した際、ここで引っ掛かってしまった……。完全に僕のミスで、直前に開催されていた平昌五輪で話題となった金正恩朝鮮労働党委員長のソックリさんの写真を2~3枚スマホで撮っていたのです。

 北朝鮮では外国人観光客でも、金委員長を呼び捨てにすれば罪に問われるため、私も即座に空港の別室に連行されました。何度も訪朝していますが、拘束されたときはオットー・ワームビアさんのことが頭をよぎりました……」

 北朝鮮では、’16年に米国人大学生のオットー・ワームビアさんが、滞在先のホテルにあった政治宣伝ポスターを盗もうとしたとして身柄を拘束されている。その後、ワームビアさんは国家転覆陰謀罪で労働教化刑15年が確定。約1年半にわたって投獄された後、人道的理由から釈放されたものの、昏睡状態のまま帰国させられ数日後に死亡した。

 米国政府はこの事件以降、北朝鮮への渡航情報を最高レベルの4(禁止)に引き上げ、それでも訪朝したい場合、遺言状の作成と葬儀の手配を義務付けることとなったほどだ。初沢氏が続ける。

次のページ 
案内人の目を盗んで単独行動に出た?

1
2
週刊SPA!9/11号(9/4発売)

表紙の人/きゃりーぱみゅぱみゅ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!


ハッシュタグ




おすすめ記事