R-30

自分の名前を検索したら「ネトウヨ」と検索候補が…ネット上の発言は一生消えない



ネット上に残る一生消えない痕跡


 本名が特定され、これ以上の活動に恐怖心を覚えた重藤さんはネットから距離を置いた。それから半年ほどの月日が経ち、重藤さんが久しぶりに過去の放送サイトや自身について調べていると、驚くべき事態が発覚。

 匿名掲示板や、個人のホームページなどで重藤さんの本名と共に、今までの過激な発言などが全てまとめられていたのだ。そして、検索サジェストが荒れている事実も、このときに気づいたという。

「もう、終わったと思いましたね。自分の名前を検索したら、過去の放送の過激発言だけが切り取られており、悪意のある動画が表示されるんです。また、本名の後にはネトウヨだの障害だの文字が並ぶようになっていました。僕は別に、犯罪を犯したわけでも、他人に迷惑をかけていたわけでもない。単に自分の意見をネットで発言していただけです。それが過激だったとかそんな理由で、ここまでのことをされる筋合いなんてないでしょう。むしろ、彼らのやっていることは名誉棄損ですよ。書き込みしている人間全員を炙りだして裁判したいぐらいですけど、ここで僕がまた表に出ていったら火に油を注ぐようなものなので……Google側には、とにかく情報の削除を求めていく所存です」

 重藤さんの名前をネットで検索した際の印象は、お世辞にも良いとは言い難い。友人や知人も含め、仕事相手からも「まるで犯罪者」のように誤解を受けてしまうのではないかと不安な日々を過ごしている。

ネット検索 現在、サイトや掲示板の管理者などに掲載情報の削除を求め続けているというが、検索サジェストはもちろん、ネット上に拡散されてしまった情報のすべてを消すことは不可能に近いのかもしれない……。

 だれでも簡単に相手の情報が調べられるようになった今、ネットでの軽率な発言や行動は控えたほうがいいだろう。その代償は計り知れないのだ。<取材・文/小畑マト>

1
2





おすすめ記事