エンタメ

新庄は大整形をカミングアウト。顔の“お直し”を公表した芸能人たち

 元プロ野球選手で、現役時にはメジャーリーガーとしても活躍した新庄剛志(46歳)。選手時代から恵まれたルックスで知られていた彼が、『VS嵐』(フジテレビ系、2018年9月20日)で「僕は整形していますからね。いじくった」と発言し、スタジオを驚かせた。でも実は、昨年すでに整形手術を公表していたことをご存知だろうか。

新庄

現役時代から引退後も破天荒なエピソードに事欠かなかった新庄だが、今回の整形カミングアウトもなかなかのもの(画像は、新庄剛志オフィシャルブログより)

 新庄が『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、2017年9月)などで語ったところによれば、整形を受けた理由は「自分の顔に飽きたから」というもの。街を歩いているときに、たまたまそこにあった美容整形外科に飛び込み、所持金の100万円以内でマイケル・ジャクソンにしてほしいと依頼したというのだ。

 医師にお任せした施術は、エラを削ったり、目を切開したりするような大改造になったそうだが、出来に満足したのか、それ以降も何度か整形しているという。

 否定的な意見も含め、視聴者からはさまざまなコメントがあがっているが、アイドルやモデル、俳優・女優など、芸能界では整形を行っている芸能人が多いことは暗黙の了解。とはいえ、ほとんどの芸能人たちがその事実を秘密にしている。

 しかし近頃は、芸能人においても“整形=秘密にしておくもの”という固定概念を打破したいという思いもあるのか、整形をカミングアウトする人が少しずつ増えてきたような印象がある。そこで今回は、整形を公表している芸能人をご紹介しよう。

水沢アリー:「もういじってない」ということは……?


 一時期はテレビ番組に数多く出演し、「第2のローラ」とまで言われた水沢アリー(28歳)。彼女も、整形を公表した芸能人だ。

 「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演した際、髪の色を金から黒にしたことで雰囲気の変わった水沢に、番組MCの有吉弘行(44歳)が「顔も変わったのではないか」と質問。それに対して「もういじってない」と答えたのだ。“最近は整形してないけど昔はしていた”と認めるようなこの発言に共演者も驚き、スタジオが騒然としたという。

 少し変わった整形公表となったわけだが、その後の反響は大きく、SNSなどで非難されることもあったという。だが水沢は、そうした世間の反応に対しては、「悪い声でも私は嬉しい」とインスタグラムを通じてコメント。その寛大な姿勢には「かっこいい」「素敵」といったファンからの声が上がった。

水沢

過去の整形を告白することによって、熱心なファンの心をグッと掴んだようだ(画像は、水沢アリーオフィシャルブログより)

森下悠里:“メスを使わない注射”を公表


 森下悠里(33歳)は、ずっと世間では整形手術を疑われていたタレントだ。そんな彼女が、プチ整形を受けた事実を認めていることは、あまり知られていないかもしれない。

 森下が公表したのも「有吉反省会」。有吉弘行に「整形ですよね」と問われ「わたしはしている」「隠すつもりはない」と答えたのだ。なんでも、メスを使わない注射などの施術を受けていたらしい。

 現在では一般人のOLでも、ヒアルロン酸注射でしわやたるみをなくしたり、涙袋を作るなど、メスを使わない“プチ整形”をする人たちが増加しているが、放送当時(2013年)としては驚いた視聴者が多かったかもしれない。


次のページ 
二重にして失敗した人も

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事