エンタメ

“まいんちゃん”こと福原遥がブレイク中…子役から美人女優に成長

 このところ、女優として急激に存在感を増しているのが福原遥だ。人気の映画やドラマに次々と出演し、そこで披露した演技も高い評価を得ている。2020年に入ってからも、主演を務めるドラマ『ゆるキャン△』(テレビ東京系)が話題になるなど、その勢いはとどまるところを知らない。  福原といえば、かつては子役として絶大な人気を誇っていたが、いろいろな活動を経てそのイメージを更新。「ORICON NEWS」が発表した「2019年 ブレイク女優ランキング」では第7位に、「モデルプレス」を運営する「ネットネイティブ」が発表した「2020年ヒット予測」の女優部門では第4位に輝いており、女優としての地位を着実に固めつつあるといえるだろう。  そこで今回は、今ホットな美人女優・福原遥が辿ってきた道のりを振り返っていきたい。

子役時代に演じた“まいんちゃん”が大人気に

まいんちゃん

“まいんちゃん”というキャラクターで人気を獲得していた福原。子どもだけではなく、大人のファンも少なくなかったようだ(画像は『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! まいん歌のレシピ1』CDジャケット)

 福原がデビューしたのは、小学1年生の頃。ダンスが大好きでスクールを探していたという彼女は、同級生の母親から子役事務所を紹介され、入所することになったらしい。  そんな彼女の初仕事は、ドラマ出演だったという。演技することは好きだったそうだが、どこか習い事感覚でこなしていて、芸能界で有名になりたいなどといった野心は持っていなかったようだ。  やがて学業が忙しくなって、仕事との両立が難しくなったこともあり、落ちたら芸能活動を辞めるつもりで受けたのが、NHK・Eテレの子ども向け番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』の柊まいん役のオーディションだったのだとか。  ご存知のとおりこれに合格した福原は、実写パートで料理や歌、ダンスを披露し、アニメパートで声優を担当。小学4年生だった2009年から、中学2年生となる2013年までの4年間、同じキャラクターを演じ続け、福原遥=“まいんちゃん”というイメージを確立するまでに至った。

モデルやタレント、声優、歌手としてマルチに活躍

 “まいんちゃん”を卒業して以降の福原は、さまざまなジャンルへと活躍の幅を広げることに。2012年からは、雑誌が休刊となる2015年まで『ピチレモン』の専属モデルを務め、同年代の女性から支持を集めていた。  一方ではバラエティ番組への出演も重ね、『すイエんサー』(NHK・Eテレ)や『もしもツアーズ』(フジテレビ系)ではレギュラーに抜擢。なかでも、2017年から現在まで出演を続ける“もしツア”では、初代・坂下千里子、2代目・平愛梨の後を受けた3代目ガイドとして、同番組の重要な役割を担っている。  また、“まいんちゃん”時代の経験と、特徴的な声質を活かし、声優としても活動している福原。2017年には、人気シリーズの14作目にあたる『キラキラ☆プリキュアアラモード』(ABC・テレビ朝日系)のメインキャストを、同じく子役出身である美山加恋とともに担当して注目された。  さらに福原は、折に触れて音楽活動も行っている。2013年には、ゲームアプリ「おさわり探偵 なめこ栽培キット」の公式ソング「なめこのうた」がYouTube上で話題に。その年のうちに1600万回以上再生され、3000以上のコメントが寄せられた。2018年には、声優・戸松遥と共演した主演ドラマ『声ガール!』(ABC・テレビ朝日系)をきっかけに、戸松と連名でCDをリリース。そして昨年はシングル「未完成な光たち」で、ソロ歌手として本格的にデビューしたのだった。
次のページ
2019年、ついに女優としてブレイク
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事