雑学

ちょい足しで劇的に美味くなる「チ金麦鍋」を作ってみた

 仕事が忙しく、昼食も満足にとれぬまま働き通しで帰宅した日。ドアを開けたら家族の笑顔とあたたかい食事……があればいいが、一人暮らしの男にはがらんどうの部屋があるのみだ。

 メタボも気になるアラサーになれば、ちょっとした節制や料理くらいはできる。人肌も恋しくなるこの季節なら、第一の選択肢は鍋だ。

 今日はお酒も飲みたいので、選んだのは味のハッキリしたキムチ鍋。野菜もしっかり摂れて、あたたかいスープで身も心もポカポカになり、満腹感もバッチリだ。今日は昼メシも抜きだったし、〆にラーメンを入れてもいいな……と考えていたとき、思い出したのが最近話題の「チ金麦鍋」だ。

辛い味つけのほうが金麦にマッチすると考えて、キムチ鍋をベースに「チ金麦鍋」にチャレンジ

 「チ金麦鍋」は、おなじみ日清食品「チキンラーメン」を鍋に入れ、サントリー「金麦」と一緒に楽しんでしまおう……という食べ方。この異色のコラボは、『チキンラーメン』のキャラクター・ひよこちゃんが登場するウェブ動画にもなっていて、公開直後からニュースになっていた。

 しかも、その『チ金麦鍋』を試した様子を「#チ金麦鍋やってみた」と書いてTwitterやInstagramに投稿すると、抽選で『金麦』1ケースがもらえるキャンペーンも展開中とのこと! 記者も便乗してチャレンジしてみることにした。

 揃えた食材はニラ、白菜、長ネギに、舞茸、豆腐、そして豚バラ。スープは市販のキムチ鍋つゆを使ったので、調理は「食材を切って鍋に入れるだけ」と極めて楽チンだ。

 なお今日は一人鍋なので、チキンラーメンを早々に投入し、その上に玉子をオン。栄養満点で彩りも豊か、しかも食べごたえもありそうな、インスタ映え抜群の鍋ができあがった。麺をゆでる前の時点で、もう美味しそう……。

鍋はお手軽に作れて野菜もたっぷり摂れて栄養価抜群。そしてチキンラーメンを投入することで〆まで楽しめる、まさに男の一人晩酌にもうってつけの鍋だ

 そして1分半ほど麺を煮込めば食べごろに。金麦をプシュッと空けて一緒に飲めば、「チ金麦鍋」の完成だ。早速食べてみると、豚バラから溶け出た脂の旨味と、チキンラーメンからしみでたスープ、キムチの辛さが合わさって、なんとも男好みするパンチの効いた鍋に!

そのまま食べても美味いチキンラーメンなので、少しかためくらいから食べ始めるのもオススメ

 卵も絡んだコク豊かな麺をズルスルッとすすり、それに負けないうまみのある金麦を飲む。疲れも吹き飛ぶ、まさに至福の時間だ……。スープとお酒でしっかりお腹も膨らむので満腹感もバッチリ。栄養もカップラーメン+ビールより格段に上だ。

辛めの鍋をベースにして大正解。予想以上に金麦に合う! 記者の家でもこの冬の定番メニューになりそうだ

 鍋といえば大人数で楽しむイメージが強いが、こんな「チ金麦鍋」なら、主食の麺類も晩酌もオールインワンで手軽に楽しめてしまう。1人なら野菜も数日かけて消費できるので、今日はキムチ鍋だったが明日は味噌味に……と毎日違う味に挑戦するのもおもしろそうだ。一人暮らしの男性は、キャンペーンにちゃっかり応募しつつチャレンジしてみてほしい!


■キャンペーンについて
 『チ金麦鍋』に実際にチャレンジし、その様子をTwitterもしくはInstagramに「#チ金麦鍋やってみた」をつけて投稿した人の中から、抽選で100人に「金麦」1ケースをプレゼント!

▼応募期間
2018年10月9日(火)12:00~11月8日(木)23:59

▼賞品
「金麦」1ケース(350ml×24本) 抽選で100名様

▼応募方法
サントリーの公式Twitterアカウント「@suntory」または、公式Instagramアカウント「@suntory_jp」をフォローし、「#チ金麦鍋やってみた」のハッシュタグをつけ、「金麦」と鍋と「チキンラーメン」が写った写真を投稿を。期間中は何回でも投稿は可能だが、全期間通して当選は1人1回まで。

▼当選発表
抽選の上、応募締切から約2週間後に当選者のみにTwitterまたはInstagramアカウントへのダイレクトメッセージで連絡。


▼応募資格
日本国内に在住の20歳以上の人(賞品のお届け先も日本国内の人のみ)

▼キャンペーンの問い合わせ先
サントリーキャンペーン事務局(無料・有人対応)
TEL:0120-357-733  受付時間:9:30~17:30(土・日・祝日を除く)

■「金麦」ホームページ


<取材・文/古澤誠一郎 撮影/林 紘輝>

提供:サントリービール株式会社





おすすめ記事