デジタル

流行りそうな“若者向けアプリ”ベスト5。いくつ知ってる?

 次々と現れるスマートフォンの新アプリ。次にはやるのは何かを、若者の流行に詳しい椎木里佳氏に予測してもらったのが以下のベスト5だ。

スマホ

若者にはやりそうなアプリランキング


1位 Meitu
画像加工アプリ。美肌モードなどの自撮りを“盛る”機能だけでなく、「自撮りをカラフルな少女漫画風に加工できる『ArtBot』が、イマっぽく盛れて人気です」

meitu2位 Couples
恋人や夫婦のためのカップル専用アプリ。「二人の仲を深めるための機能が満載です」。写真をアルバムで共有、記念日や誕生日の通知、自己紹介のためのQ&Aコーナーなどがある

3位 KakaoTalk
以前からあるメッセージアプリだが、近年は使い方に変化が。「ネットで出会ったオタク友達など、LINEを交換するのはちょっと、という相手に対しサブアカ的に使うんです」

4位 Uber Eats
近所のレストランなどの料理を自宅まで運んでくれるフードデリバリー用アプリ。宅配料はかかるがメニューが豊富で、宅飲みする際やホームパーティなどで使われる

5位 Filmarks
映画レビューアプリ。これから見たい映画をファイリングでき、見終わったものも記録として残すことができる。「質の高いレビューが豊富で、映画ファンの間では必須ですね」

「これらのアプリは、どれもSNSで2次利用されたり拡散されたりすることが前提となっています。若者にとってのSNSといえば、インスタが8割、ツイッターが2割ぐらいの感覚ですね。たとえば、『Uber Eats』で注文したアジアン料理を仲間と囲んで写真を撮り、インスタに上げると、イマっぽさや大人っぽさがアピールできます。これは年上の男性でも使いやすそう! ほかのアプリも、スクリーンショットを撮ってSNSで共有した際に、ダサくないようなものばかりですね」

 まずはインスタに登録するところから始めてみては?

椎木里佳氏

椎木里佳氏

【椎木里佳氏】
慶應義塾大学に通いながらAMFを経営する20歳の実業家。女子中高生向け情報サイト「JCJK総研」の編集長も務める。女子高生マーケティング集団JCJK調査隊を運営

― [若者アプリ]にガチ挑戦 ―





おすすめ記事