雑学

ZOZOSUITでおっさんが採寸してみたら、まさかの結末が…

 会社の後輩や子供が楽しそうにアプリをするのを眺めながら思う。「一緒にやれたら楽しいだろうなあ」。実際に“若者アプリ”をおっさんがやるとどうなるのか? 記者が全力で挑戦してみた!

計測は完璧!が、いざ購入しようとすると……


ZOZOSUIT

スマホとZOZOSUITで、撮影時間わずか15分! 時計回りに30度ずつ体を傾けて、計測していく。その間、音声によるガイドが続く

「人が服に合わせるのではなく、服が人に合わせる」というZOZOSUITは、着るだけで体の採寸ができる優れもの。採寸はアプリで行われるので、試してみたい。

 知り合いに借りたZOZOSUITを着てみると、体に貼りつき、けっこうピチピチ。若干圧迫感があり、着心地がいいとは言えない。

 スマホを立てかけ、採寸のために撮影に入る。難しそうと思いきや立つ位置、体を傾けるタイミングなど音声で細かな指示があり、案外わかりやすい。最後にボタンを押せば結果は一瞬で表示された。首回りや胸囲、股下の長さまで、自分の体のサイズが1mm単位で明らかに。ここまで詳細なデータがわかるとは! 近未来的な体験に感動を覚えた。このデータさえあれば、ほかのブランドの店舗での買い物にも役立つ気がする。

 いざ、注文しようと、「『あなたの体形データで作った「あなたサイズ」のZOZOオリジナルアイテム』のページを見るが、なんと17商品のすべてが売り切れ中。人気なのはわかったが、服を買えないのでは意味がない。計測に感動した分、拍子抜けしてしまった。

 服を購入できたZOZOSUITの持ち主曰く、「体にフィットして着心地は抜群。なで肩であるためいつも肩幅を気にして服を選んでいたが、試着ができない通販であっても気にすることなく購入できたため快適でした」とのことなので、計測自体は完璧なのだろう。供給が追いつき、購入できる日が待ち遠しい限りだ。

使いやすさ ★★★★★(満点)
満足度   ★
※計測自体はとても簡単! あとは、商品の供給を待つばかり……

― [若者アプリ]にガチ挑戦 ―





おすすめ記事