ライフ

「40代お腹ぽっこりおじさん」が秋に着るべきはセーター or カーディガンどっち?

デブが着るべきはニット? カーディガン?

MB:あとはカーディガン。プルオーバーのニットだとお腹のぽっこりが目立ちますけど、カーディガンはそこまで出ない。 倉科:デブはセーターではなく、カーディガンですね! MB:そう。カーディガンは毛羽立ちがあるので陰影ができます。こういう立体感のある素材やデザインは中年太りのおじさんにはぴったりです。 倉科:私、MBさんにまだ相談したいことがあるんです。 MB:なんでしょうか。 倉科:実は、この対談をする前にSPA!の担当ライターさんからイタい指摘を受けまして……。 MB:なんでしょう? 倉科:『Mr.Babe』の表紙をちょっと見てほしいんですけど……。 倉科:これってどんなデブでも着こなせるコーディネーイトではないですよね? 私が言うのもアレなんですが。 MB:はい(笑) 倉科:で、担当のライターさんに言われたんです。「こういうカラフルな服って、おしゃれな外国人モデルとか、TKO木下さんが着てるから似合ってるだけじゃないですか? 普通のデブ着こなせますかね?」と。 MB:なるほど(笑) 倉科:いや、実際、それはそうなんですよ。 MB:一般の人全員が似合うわけじゃないと。 倉科:そう。さらに言われたんです。「ファッション雑誌の表紙の服って、高崎とか、下関のイオンには売ってないんじゃないですか? そういう人はどうすればいいんですか?」「秋葉原のつけ麺屋に並んでるおっさんも着れますか?」「デブに夢見させすぎでは?」って。 MB:それは言い過ぎです(笑)。でも、痛いところつきますね。 倉科:うん。たしかに頷かなければならないところもある。ただ、僕は『Mr.Babe』を出した以上、全国の中年太りの“普通のおじさん”をおしゃれにするのを諦めたくないんですよ。 MB:それ、すごくわかります。僕の問題意識もそこにありますから。 倉科:うんうん。 MB:だからユニクロやGUで手に入れるアイテムだけでおしゃれになる方法を指南するのにこだわっているんですよね。 倉科:そこでMBさん、相談があります。 MB:なんでしょう。 倉科:MBさんに、中年太りのおっさんを全員おしゃれにするためのプロジェクトのプロデューサーをやってほしいんです。 MB:どういうものですか? 倉科:MBさんは前回の対談で、同じ問題意識を持った人たちのコミュニティが必要っておっしゃってたじゃないですか。 MB:はい。 倉科:そして、そこに市場ができる、と。メタボとか、低身長とか、ニッチな分野でも、いやニッチな分野だからこそ人が集まりやすいと。 MB:そうですね。 倉科:そこで、MBさんの言葉でいう“ネガティビティを持った人たち”、すなわち『Mr.Babe』の読者たちのファッションをアップデートしてほしいんです。 MB:なるほど。ここまで話してきて、倉科さんとは同じ問題意識を持っていることを痛感しています。読者同士をつなげるサロンをつくるってことですね。 倉科:そうです。デブは集まると暑苦しいかもしれませんが、仲間意識はすごくあるので、MBさんがその中心になってプラットフォーマーになってほしい(笑)。 MB:では、MBがデブをプロデユースということで“デブB”でいかがでしょうか? 倉科:もう……最高! いいですね!! ぜひ日本の中年小太りおっさんのコ―ディネートをアップデートしてください! <取材・文/日刊SPA!取材班>
1
2
日本の「メタボおっさん総おしゃれ化計画」とでも言うべき“デブB”プロジェクトがスタート。その続報は『日刊SPA!』でお知らせする!

●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事