エンタメ

ムロツヨシがかっこよすぎる! ドラマ『大恋愛』に学ぶ2枚目変身テク

 現在放送中のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(金曜20:00~TBS系)に出演中の俳優・ムロツヨシが「あまりにも2枚目すぎる!」と、ひそかに話題になっている。

大恋愛

画像:「大恋愛~僕を忘れる君と」公式サイト

 同じく現在放送中の『今日から俺は!!』(日曜22:30~日本テレビ系)の椋木先生をはじめ、『勇者ヨシヒコ』シリーズなど、これまでどちらかというと「3の線」のとぼけた役を演じる印象が強いムロ。いったい彼のどこに2枚目要素が隠されているというのか?

 そこで、これまでのストーリーを振り返りながら、女性を惹きつける2枚目になれる秘訣を探ってみた。

恋愛モードをガンガン刺激する名シーン&名ゼリフが連発


 ドラマは、若年性アルツハイマー病と診断された産婦人科医・北澤尚(戸田恵梨香)と、元作家で今は引っ越し屋のアルバイトをしている間宮真司(ムロ)の切なさ全開のラブストーリー。次第に記憶を失っていく彼女の運命を知りながらも献身的に支え、人生に寄り添おうとする真司の姿が、毎回思わずグッとくるほどのかっこよさなのだ。

 第1話では、いきなりまさかの「ふざけないムロ」を全編に渡って披露。アドリブでボケの一つでも放り込んでくるかと待ち構えていたが、尚とのシーンではまったく見られなかった。しかも、時間を忘れて明け方まで二人で話し合うピュアさ。この意外性にハートをつかまれた人はきっと多かっただろう。

 第2話では「尚さんとずっといたい、っていう気持ちがモリモリっとわき上がってきて、ちゃんとつき合おうって思ったんだ。たとえ砂漠を歩くことになっても」と小説家らしい文学的な表現で素直な気持ちを告白。

 そして第3話では尚に黙って働きすぎ、尿管結石を発症しダウン。ひどい女だと自分を責める尚に「ひどいな、確かに。ひどいけど……好きなんだ」と、いったん相手を否定してからの全面降伏という高度なテクニックを披露。

 このように、毎回「大恋愛」のタイトルにふさわしい、視聴者の恋愛モードをガンガン刺激する名シーン&名ゼリフが連発なのだ。

 ちなみに、11月9日放送の第5話で第1章が完結。ストーリー的には尚の症状がさらに悪化していくのは間違いなく、ますます二人から目が離せない展開が続いていく。


次のページ 
「つぶらな瞳」が2枚目の鍵?

1
2





おすすめ記事