雑学

全国の“成人式格差”がすごい。ヘリでの遊覧や豪華ビュッフェの自治体とは?

 1月14日は成人の日。全国各地で成人式が行われ、街は華やかな晴れ着に身を包んだ若者でにぎわう。さて、成人式は地元の公民館や体育館を会場とするのが一般的だ。旧友との再会は嬉しくても、式典自体は特に面白いイベントでもなく、お偉いさんたちの祝辞を延々と聞かされて退屈……というケースが大半なのではないか。

成人式 しかし地域によっては、「こんな豪華な成人式アリ!?」とツッコミを入れたくなるような事例も見られる。そこで今回は、成人式の“格差”とも呼べる実態に迫ってみよう。

千葉県浦安市:人生最初で最後の“晴れ着ディズニー”


 まずは千葉県浦安市だ。ご存知の通り、会場はテーマパーク・東京ディズニーランド。日本一有名な成人式といっても過言ではないだろう。さすがに全エリア貸し切りではないが、「ショーベース」という劇場で式典が催され、ミッキーマウスらが歌やダンスで新成人を祝ってくれる。オリジナルの記念品も毎年配られるそうで、ファンにはたまらないだろう(昨年度はカードケース)。


東京都練馬区:40年以上前から遊園地で開催


 お次は東京都練馬区で、遊園地のとしまえんが舞台だ。新成人は晴れ着姿のままローラーコースターやメリーゴーランドなどのアトラクションを楽しむことができ、一生の思い出となるのは間違いない。とはいえ、実際の参加者からは「振袖でずっと外にいなければならないので寒かった」というリアルな声も。

千葉県鴨川市:水族館の可愛いアシカがお出迎え


 続いては千葉県鴨川市。成人式は水族館の鴨川シーワールドで開催されるのが恒例で、普段はアシカパフォーマンスに使われる「ロッキースタジアム」が会場だ。もちろん、成人式にもアシカが登場してくれる。昨年度は、同館が飼育しているシャチの「ラビー」も20歳になったということで、市長から成人証書が授与された。


東京都渋谷区:“若者の聖地”らしく、ライブでパーッと!?


 東京都渋谷区の成人式は2015年まで渋谷公会堂が会場だったが、同所の建て替え工事に伴い、現在は明治神宮会館に場所を移している。記念式典とアトラクションの2部構成で、過去には三戸なつめ、平井大、chayといった歌手たちが式を盛り上げてきた。今年度はロックバンドのBURNOUT SYNDROMESが出演予定である。

東京都港区:一流ホテルのビュッフェに舌鼓


 東京都港区では昨年度、今年度と、成人式の会場に東京プリンスホテルが選ばれている。格調高い同ホテルのなかでも一番広い宴会場(鳳凰の間)を貸し切り、式の後半は立食パーティーとなっているので、世間の人々が抱いているであろう“港区=セレブ”というイメージ通りなのではないだろうか?

東京プリンスホテル

1964年の東京オリンピックに合わせて開業した歴史あるホテルで、新成人は“オトナ”の仲間入りを果たす(画像は東京プリンスホテル公式サイトより)

次のページ 
東京以外の成人式も個性豊か

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事