エンタメ

鈴木京香、RIKACO、戸田恵梨香…付き合った男を出世へと導く芸能界“アゲマン”列伝

 付き合った男性の運気を上げ、出世へと導く女性を、この国では“アゲマン”なんて呼ぶことがある。

 例えば、女優の鈴木京香だ。鈴木は俳優の長谷川博己と、かれこれ9年近くも交際中だと報じられている。長谷川といえば今月末で最終回を迎えるNHKの連続テレビ小説『まんぷく』で主人公の夫役を演じており、来年の大河ドラマ『麒麟がくる』では主演の明智光秀役に大抜擢。2016年には映画『シン・ゴジラ』でアカデミー賞の優秀主演男優賞も獲得していたし、ここ数年の飛躍ぶりには目を見張るものがあるだろう。

鈴木京香

長谷川博己とは“事実婚”状態にあるといわれているが、果たして……(画像は鈴木京香公式サイトより)

 芸能界ではこのように、傍から見て「アレは“アゲマン効果”だ」と断言したくなるようなケースが少なくない。そこで今回は“芸能界アゲマン列伝”と題し、5人の女性を紹介していこう。

RIKACO:元ロマンポルノ俳優が、結婚から数年後にはアカデミー賞俳優に


 アゲマン女性を語るうえで欠かせないのは、1990年代にファッションリーダーとして一世を風靡したRIKACO。彼女は1993年、テレビドラマ『湘南女子寮物語』(テレビ朝日系)での共演を機に、渡部篤郎と結婚した。

 今年1月に公開された木村拓哉の主演映画『マスカレード・ホテル』にも出演していた渡部は、今でこそベテラン俳優としての地位を確立しているが、RIKACOとの結婚当時はまだ駆け出しの身で、以前には成人映画の仕事も引き受けていた。しかし、1995年の映画『静かな生活』で第19回日本アカデミー賞の新人俳優賞に輝くと、その後も『ストーカー 逃げきれぬ愛』(日本テレビ系、1997年)や『ケイゾク』(TBS系、1999年)といったテレビドラマで、次々と存在感を示していったのである。

 二人は2005年に離婚し、渡部は一般女性と再婚しているものの、RIKACOのInstagramによれば、渡部との間にもうけた2人の息子たちは“父親をリスペクトしています”とのこと。RIKACO自身もきっと、「自分には男を見る目があった」と胸を張っている?

View this post on Instagram

一つ前の記事で私の本名の苗字を渡部さんを名乗っているんですねー以外でした! : : と言う質問に良いチャンスだから少しここで語らせ頂くと私達が離婚した時に息子さん達が苗字を変えたくないと言う思いが凄く強かったので私は新たに渡部と言う新しい戸籍を作り私だけそこに移しました!親の親権は私息子さん達の戸籍は父親に!離婚は子供達にはなんの関係もなく親の都合です!出来るだけ息子さん達には負担をかけないように色々息子さん達優先の人生の選択を私はしました!前夫にも色々協力してもらい離れはするけども父親は1人!息子さん達は父親をリスペクトしています!私達はそれぞれ皆んな前夫も含め辛い思いや寂しい思いをしました!けれど時が私達を成長させた私は息子さん達に最良のの愛情で出来る事は全てやった今もですが前夫が新しい家庭を持ち息子さん達戸惑うかな?と思いきや2人とも良かったね!幸せになって欲しいね!と祝福した時には私は涙なんでこんなに心豊かに育ったのか素晴らしいな〜と私達はそれぞれの形で皆んな前に進んでいます前夫が再婚して息子達は私の新しい渡部の戸籍に移しました息子さん達そろそろかーさん元の苗字に俺達と変えようか?なんて言ってくる優しく育ちました苗字のことは奥が深いのでゆっくり考えます。父と母が亡くなり私も帰る所がないので考え中ですでもね苗字なんて苗字だからねー問題は気持ちだ 少し長い話しなったけど息子さん達も23と19大人になり私にもこうして自由に旅し自分を向上させてくれる時間がもてた事、人生にそして2人の息子さん達にそれから前夫にも感謝しております!私に命より大切な可愛い2人を授けてくれたのは間違いなく彼ですから旅は色々良い時間ですね #rikaco_fashion

RIKACOさん(@rikaco_official)がシェアした投稿 –


佐々木希:アンラッキー続きだったアンジャッシュ渡部建を救済


 続いては女優の佐々木希だ。彼女は2017年4月、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建と結婚するも、渡部はちょうどその頃、お世辞にもツイているとは言えない状況だった。

 テレビ番組で司会を任されることも多い渡部だが、2014年10月に始まった情報バラエティ番組『ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)は視聴率が振るわず、1年ともたずに打ち切り。2015年4月にスタートの音楽番組『水曜歌謡祭』(同)は同年10月に『Love music』と名前を改め、ゴールデンタイムから深夜枠へ“降格”してしまう有様だったのである。

 しかし結婚後の2017年10月には、現在も放送中の医療バラエティ番組『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)でゴールデンタイムの司会にカムバック。昨年9月には第1子となる男児も誕生し、公私ともに順調だ。


次のページ 
付き合う男性みんな出世!?

1
2





おすすめ記事