恋愛・結婚

「モテる男/モテない男」の境界線。女性はどこで判断している?

3 モテる男は失敗を学びと捉える、モテない男は失敗をムダと捉える

 長い人生、失敗しない人なんていませんよね。成功されている社長さんも事業を仕掛けて、成功する確率は1割と言っています。あのトーマス・エジソンだって、自分の研究の成果を出すまでに1万回失敗をして、蓄音機などを開発しました。 女性 もちろん、私たちは一般人なので、ピンと来ない方もいるかもしれませんが、恋愛においては小さな失敗を私たちも繰り返しているのではないでしょうか。「喜んでもらえると思ったら喧嘩になった」「好きと伝えたらフラれた」など大小さまざまな失敗は避けられず、誰もが通っています。  しかし、モテる男性とモテない男性ではこの失敗への捉え方が大きく違います。エジソンも「私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」と考えたのと同様にモテる男性は失敗を学びだと捉えます。  一方、モテない男性は失敗をムダだと捉えて、自己評価を下げていき、自信がなくしてしまいます。失敗したくないという思考によって、女性への気持ちを伝えられない男性になっていきます。失敗ではなく学びなのだと、その失敗から何を学び、どうその失敗を活用するのかを考えていきましょう。

4 モテる男は相手のために、モテない男は自分のために

 モテる男性は相手へどのようなことをしたら相手が楽しく幸せを感じることができるかを考え、行動します。自分がしてもらって嬉しいことは相手にしたいと思う人が多く、モテる男性と一緒にいると誰もが楽しいと感じることでしょう。  しかし、モテない男性は、自分を中心に考える思考が強いため、デートをしていても、相手ではなく、自分がどう振る舞えば、女性から受け入れてもらえるのか、どうデートを構成すればいいのかということばかりを考えてしまいます。  まずは、自分が人からしてもらって嬉しいことを相手に提供していきましょう。
次のページ 
モテる男はポジティブ、モテない男はネガティブ
1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事