エンタメ

カンニング竹山の言葉はなぜ刺さる?今や社会問題のご意見番

 4月26日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、入社してすぐ退職してしまう新入社員の問題が扱われた。そこで、持論を展開したのがカンニング竹山だ。


 番組では「仕事が楽すぎて、給料をもらうのに気が引ける」という理由で辞めていった新入社員の事例を紹介。これに竹山は「即刻、ビジネスを始めるべき。実際、大物もいる」と、行動するようにアドバイス。しかし、「口ばかりの人もいるけど」と付け加えることも忘れなかった。

 さらに竹山は、早期退社を考える新入社員に対して、「落とし穴もある」、「今しか考えていない。10年後、20年後を考えていない」と語気を強めて警鐘を鳴らした。また、辞めずに踏ん張った人が出世していくことも多いなどと、人生経験を交えてコメントしていた。

 竹山といえば、ワイドショーで取り上げられる社会問題について、臆することなく自身の見解を主張することで知られている芸能人。そこで今回は、彼がテレビ番組などでしてきた発言のなかから、大きな反響を呼んだものを、まとめてご紹介する。

暴走ハロウィン:メディアの責任を追及


 近年、異常な盛り上がりを見せているハロウィン。通りすがりの軽トラックが群衆に横転させられるなど、“暴走”と形容するしかない行為まで散見されるようになり、逮捕者まで出る大きな騒動となった。

 昨年の『ビビット』(TBS系)でも、ハロウィン時の渋谷を特集。多発する迷惑行為についてコメントを求められた竹山は、“暴走”するような状況を生んだのは、「ここ5年くらいで我々メディアがつくった」と、加熱する報道にも問題があると指摘した。

 さらに、人々の暴徒化を防ぐためには、「こういうことってダサいよっていうカルチャーをメディアが作っていかないといけない」と発言。暴走族による“初日の出暴走”が少なくなったのは、「ダサいというのが浸透したから」と、他の事例を引き合いに出しながら提言を行った。

震災報道:悲劇ばかり切り取る報道に苦言


 東日本大震災が発生した直後から福島に通い、そこに住む人々と交流してきたという竹山。今年の3月11日に『ビビット』に出演した際には、震災報道のあり方について苦言を呈した。

 竹山は、“3・11”になると、必ず震災当時の映像を放送することについて、「福島の中の人らはもうやめてくれと言っている人もいます」と、地元の人の声を伝えた。さらに、「いつもわれわれは『厳しいでしょう』『つらかったでしょう』『大変でしょう』という切り取り方しかしない」と、こちらでもメディアの姿勢を問題視。

 さらには、「福島、東北も全部そうですけど、今、楽しく笑顔で暮らしている人がいっぱいいる」、「現地に住んでいる人はみんな幸せにちゃんと暮らしてるんですよ」と被災地の現状を語った竹山。悲劇ばかりを切り取る報道から、脱却する必要があるという考えを示したのである。

次のページ 
“ご意見番”扱いには否定的

1
2





おすすめ記事