エンタメ

弘中綾香アナは女子アナっぽくない? 逆風どこ吹く風の“鋼メンタル女子アナ”の魅力

毒舌:辛辣な発言が許されてしまう“かわいげ”

「激レアさん」の大きな魅力となっているのが、弘中アナが度々挟み込む毒舌。同番組のオープニングトークでインスタグラムの話題になり、「フォロワーが少ない」と若林が嘆いた際には、「インスタ映えしないんじゃないですか、日常が」と、笑顔で強烈なイジリをしたこともあった。  弘中アナが口にしてきた数々の発言について若林は、「ゲストにまぁまぁなことをツッコミで言ってるんですけどね」と、その毒の強さを語ったことも。しかし、それでも許されてしまう“かわいげ”があると、彼女を称賛したのである。  過去のインタビューで、弘中アナが話したところによれば、番組内でキャラクターを作ろうとしているわけではなく、「素の部分も出ているのかもしれません」とのこと。自然体で飾らない姿勢から放たれる言葉の数々は、嫌味にならずに受け止められているようだ。

文才:強烈なコラムで話題をかっさらう

 これまでは、バラエティ番組で見せるサバサバとした姿で人気となってきた弘中アナだが、この5月からインターネット上で連載を始めると、今度は文章でも大きな話題を呼んだ。 「所信表明」と題された第一回目は、急に文章を書きたくなったことについて、「書かなければ私の中の何かが壊れる、という衝動につき動かされている」と、衝撃的な告白で始まる。  仕事やプライベートについて、あれこれと詮索され、書かれることに嫌気が差したという弘中アナは、「そのままの私を受け取ってほしい」という気持ちで連載を始めたと説明。強烈な言葉を含むこの文章には、感銘を受けた人も多かったようだ。

演技:ハリウッド俳優と同じ演技法!?

 人気急上昇中の弘中アナは、6月1日放送のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『東京独身男子』に、女優として出演。このなかで彼女が見せた演技を大絶賛したのが、共演者の斎藤工だ。  斎藤によれば、芝居経験がない人は、セリフを言わなければと気負ってしまうそうなのだが、弘中アナの演技は「本当にナチュラル」で、「ハリウッドの演技法と一緒」だったそう。 「これからは女優業も、ぜひとも続けていただきたいです」と、手放しで賞賛した斎藤に対して弘中アナは、「いじってますよね」と笑いながら応じ、「アナウンサーもまだ半人前なので」と謙遜したという。だが、いずれはドラマや映画のなかで活躍する彼女の姿を見ることができるかもしれない。

 ――ファンだけではなく、アンチも多い弘中綾香アナウンサーだが、そのバラエティスキルと精神力は確かなもの。また近頃では、インスタグラムへの投稿でも、同世代の女性を中心に人気を集めている様子。これから先、さらに活躍の場を広げていくこと間違いなしの彼女から目が離せない。<文/後藤拓也(A4studio)>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事