ニュース

700万円の課金地獄…中年[ゲーム依存症]が急増中

 76歳の元農林水産省事務次官の父親に刺殺された44歳無職の息子はゲームに耽溺し、ひきこもり、家族や近隣への攻撃性を増していた。たかがゲームと侮るなかれ。家庭崩壊や、精神を病む中年が増えているのだ……
ゲーム依存

※画像はイメージです

ギャンブル、酒、薬物依存に並ぶ重い疾病だと国際機関が警鐘!

 5月25日、WHO(世界保健機関)総会は、オンラインゲームやテレビゲームのやりすぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を、新たな依存症として認定した「国際疾病分類」を承認した。興味のない者にとっては「たかがゲーム」だが、大きな社会問題となっているギャンブル、アルコール、薬物依存などと並ぶ重い疾病として、国際機関が警鐘を鳴らしたというわけだ。  くしくも発表のちょうど1週間後には、ゲーム依存症の息子の先行きを案じた父親が、凶行に及んでいる。6月1日、元農林水産省事務次官の父親(76歳)が、東京都練馬区の自宅で無職の息子(44歳)を包丁で刺殺したのだ。 「元次官の息子は長年ひきこもりがちで、オンラインゲーム『ドラゴンクエスト10』に依存した生活を送っていました。本名でツイッターもやっており、父親がトップ官僚だったことを盛んに吹聴しながら、他のプレイヤーを見下す攻撃的な発言をふりまいていたようです。また、同居していた両親に対して、中学生時代から激しい家庭内暴力を繰り返していたことも明らかになっています」(全国紙社会部記者)
ゲーム依存

「ドラクエ10」では、サービス開始以来5年間皆勤でプレイし続け、殺害されたときもログインしており、動かなくなった本人のキャラに「復活の呪文」が唱えられた

ゲーム依存

本名で登録していたtwitter

 痛ましい事件はどうすれば防げたのか、悩める親子に誰か手を差し伸べることはできなかったのかと、胸を痛めた人も多かろう。
次のページ 
30~50代で急増も受診する患者はまれ
1
2
3
週刊SPA!6/25号(6/18発売)

表紙の人/ 岡田准一

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事