エンタメ

乃木坂46卒業生、若月佑美の書き下ろしエッセイ『履きなれない靴を履き潰すまで』

若月佑美 乃木坂46を卒業し、現在は女優として活躍する若月佑美。本人書き下ろしエッセイ&フォト。ファン待望“若様ポエム”の新連載、ついに解禁!

「辛+一=幸 幸+一=?」

例えば今とっても幸せだったとする 人はそんな時に「こんなに幸せでいいのだろうか」 「バチが当たらないかしら」「きっと次は辛い事が起こるんだ」と そうネガティブに思ってしまいがち でも、よかったら考え方を変えて欲しい 「今日はとっても幸せな日だった。明日はもっと幸せな日にしよう」 「この幸せを持続させるためにまた頑張ろう」 「これ以上の幸せを未来に探しにいこう」って そんな考え方はどうですか 今の幸せを素直に感じ、その後も怯えず生きていける もし逆に今が辛い時期であれば 「良い事を起こす分、今はマイナスを消費しているんだ」「良い事が起きる前兆だ」 「同じくらい大きな幸せが絶対にいつかくる。それは明日かもしれないし、明後日かもしれない」 って思っていたらきっと明日が少しだけ嫌いじゃなくなるじゃない? 都合良くていい 誰にも迷惑かからないから 自分の心の持ち方くらい自分に都合良く考えていい そんなの綺麗事だよって、寒いセリフって言われても別に構わない それで自分を救えるのならば、大成功で儲けもの 自分の人生を変えられるのは自分だから 幸せにプラス1があってもいい
若月佑美

舞台の稽古で多忙を極めるなか、幸せを感じる瞬間は「漫画を読んだり、温かい紅茶を飲んでいる時」だそう。家族に手料理をふるまうことも。大好物は、アイスクリームとビール

撮影/kisimari ヘアメイク/高橋稚奈 スタイリング/杉浦加那子 撮影協力/ときたまひみつきちCOMORIVER 1994年、静岡県出身。2011年、アイドルグループ・乃木坂46の1期生オーディションに合格。“若様”と呼ばれ親しまれていた。2018年12月同グループを卒業。現在は女優としてドラマ・舞台を中心に活躍。2019年9月、舞台『GOZEN ‐狂乱の剣‐』にヒロイン小松原奈奈役で主演決定
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事