エンタメ

「爽健美茶ラップ」で知られる2人組ラップユニット・chelmicoの素顔に迫る

 26歳の金髪Rachelと23歳の短髪Mamiko、2人合わせてchelmico。昨年8月にメジャーデビューした女性2人組ラップユニットが、スターダムの階段を一段飛ばしで駆け上がっている。「ハトムギ、玄米、月見草~」というお馴染みのフレーズに、ラップを加えた楽曲「爽健美茶のラップ」で同商品のCMにも出演。8月21日発売のセカンドアルバム『Fishing』は先達から認められる超絶ラップスキル、chelmicoならではの「ポップなラップ」路線はもちろん健在。拡大を続けるラップ界においても傑出したオリジナリティを放つ彼女たちの魅力を解き明かす。

ウチらフリースタイルはNGなんです。やれと言われてもできません

――もともとは遊び友達だった2人がカラオケでRIP SLYMEを歌いまくっているうちに、ラップが超うまくなっていって、いつの間にやらメジャーデビュー。この説明だと、乱暴すぎですかね? Mamiko(以下、M)&Rachel(以下、R):間違ってないです! M:でも、もうちょっと細かく言っていこうか、せっかくだし(笑)。 R:出会いは’14年の春、西日暮里のマックの2階ですね。趣味でカメラをやっている共通の友人が、「2人で一緒に撮ったら面白いと思うから」って引き合わせてくれたんです。その日にLINEは交換したけど、しばらくつかず離れずの仲で。 M:そう、特別すぐに仲良くなったわけじゃなくね。 R:その共通の友人が女のコをもう何人か増やして、今度はスタジオで撮影しようって誘ってくれて。室内だったから、その日は音楽を流せたんですけど、何曲目かでRIP SLYMEの曲が流れたんですよね。気がついたら、RIPで踊っていたのが私たちだけだった。踊りながら目が合って……。 M:「アンタも踊れんの!?」って。 ――RIP SLYMEど真ん中世代は、もう少し上ですもんね。 M:でも、「RIP、最高だから!」って盛り上がったよね。 R:「アタシ、RIPの夢小説、読んでいるからね」と言ったら、マミちゃんが「ハッ? 私もなんだけど」ってなってね。 M:それですっごい仲良くなって、「カラオケに行こう!」と。RIPを歌いまくりましたね。 R:その頃、ちょうど「シブカル祭。」のイベントに出ることになって、「レイチェルはラップやったら?」ってなって。「1人だと恥ずかしいから友達を誘ってもいい?」と言って、マミちゃんに「ラップやらない?」と連絡したんです。 M:私は受験生だったんですけど、「いいよー」と返事して。少し前に『TOKYO TRIBE』というラッパーの映画を見て、気が大きくなってたんですよ。 R:それで「シブカル祭。」でラップを披露したら、手応え感じちゃったんだよね。「ウチら、イケてんじゃね?」って。 M:で、今に至る、と。
次のページ 
ラッパーだと胸張って言えるようになった
1
2
Fishing

chelmico待望の2ndアルバム発売決定!


週刊SPA!8/27号(8/20発売)

表紙の人/ 乃木坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事