エンタメ

乃木坂46・橋本奈々未は、アイドル界の新ストライクゾーン

乃木坂46

ユニフォーム姿で登場した乃木坂46

 スカパーとJリーグの共同記者会見(2月28日)が行われ、スカパーJリーグ2012オフィシャルサポーターにアイドルグループ・乃木坂46が就任することが発表された。彼女たちは先日発売されたデビュー曲が女性新人歴代3位の売上げを記録するなど、AKB公式ライバルとして注目が高まっている。

⇒ ユニフォーム姿の乃木坂46 【個別画像】
http://nikkan-spa.jp/160538/nzk0228

 センターを務める生駒は、「本当に光栄に思います。これから乃木坂46一丸となって、各チームの応援やファンのかたと一緒にJリーグも盛り上げて、日本中を熱くしていきたいと思います!」と就任した喜びと意気込みを語った。

 この日、乃木坂46と初対面した取材班だったが、特に注目したのは橋本奈々未。彼女は、1/17号の本誌企画『2012[ブレイク必至の30人]絶好調宣言!』で取材したアイドルライター・篠本634氏が「アイドル界の新しいストライクゾーンになる存在」と断言するほど。北海道出身の橋本は、2年ぶりにJ1昇格したコンサドーレ札幌に対して「昨年の柏レイソルのように、上位争いに加わって熱く盛り上げてほしい」とエールを送っていた。

橋本奈々未

橋本奈々未

 また、昨年のなでしこジャパン優勝も彼女たちにとって刺激になった様子で、生駒は「伝わってくるものが、すごかった。色々なことを学べたので、サッカーはすごいなと思いました」と少し興奮気味。会見の最後には、全員集まりガッツポーズ姿で会見を締めてくれた彼女たち。「AKB48はいつか超えたい」という目標を掲げる乃木坂46から今後も目が離せない。 <取材・文/吉岡俊 撮影/林健太>

ハッシュタグ




おすすめ記事