スポーツ

10日で300杯! 日本のビールを飲み干したアイルランド人カップルが見た日本戦

 人口わずか500万人足らずのアイルランドから、ラグビーワールドカップ観戦で来日したグレッグ・フォックスとメイヴ・カレンは、ビールをこよなく愛す陽気なカップルだ。

エコパスタジアムで日本戦の試合前、ご機嫌のグレッグ(右)とメイヴ

 ワールドカップの組み合わせ抽選が行われた2年前の夏、母国アイルランドがホスト国の日本と同組に振り分けられた時、彼らは瞬時に意を決したという。「お金を貯めてニッポンへ行こう!」  欧州の小さな島国・アイルランドで生まれ育ったグレッグとメイヴにとって、日本は「死ぬまでに行きたい夢の国」だった。「歴史、文化、思いやり、食べ物、経済力や世界への影響力。私たちにとって日本は遠い異国の”世界の首都”だったのよ」。

ビールを我慢して日本行きの旅費をやりくり

 それから20か月以上もの間、日々の節約に加えてサイドジョブ(副業)を続けて念願の日本行きの旅費を貯めたグレッグとメイヴは、ワールドカップ観戦のため、9月19日(土)に来日した。 「大好きなビールの出費を抑えて旅費を貯めたのはキツかったよ……」とグレッグは笑った。 「開会式やオープニングマッチも見たかったけど、チケットが取れなかったよ」。ふたりは、横浜市内のスポーツバーで日本対ロシア戦の観戦を楽しんだ。 「日本のビールは最高に美味い。とくにASAHIのDRAFT(アサヒの生ビール)は抜群だね!」というグレッグは、来日中、一番大きなBILL(1万円札)がなくなるまで飲むと、ちょうど良い目安となることを覚えた。試合会場では1杯700円、計算するとビール14~15杯! パートナーのメイヴも「同じくらいかちょっと少ないくらい」イケる口なんだそう。  前後半それぞれ40分のプレイタイムに、15分のハーフタイムを挟むと、2時間ほどでひと試合が終わるラグビーで、彼らはそれぞれジョッキ15杯ほど飲み干すことになる。  来日3日目。22日(日)夕方、小雨の降る横浜で行われた母国アイルランドの初戦は、スコットランド相手にペナルティキック1本のノートライに抑えた快勝で、ふたりは「満員のスタンドで、気分よくかなり飲んだ」。 「それにしてもハイネケンしかなかったのは、ちょっと味気なかったね。アイルランドのラグビー場のように数種類のビールから選べたらもっと良かったのに」とグレッグ。ちなみに彼らのお気に入りは「ギネスなどのダークビール」なんだそう。(※W杯の全会場はスポンサーのハイネケンビールしかない)

ビールを届けてくれた新幹線の売り子に感激

 翌23日に横浜を出たふたりは、27日までの4日間で東京→大阪→京都→広島と、それぞれ1日づつ巡り、念願の日本国内の観光を満喫した。 「どこに行っても昼は観光、夜はバーでビールを飲みながらテレビでラグビー観戦。試合が終われば他のバーで飲むか、ホテルに戻ってまたビールを飲んでたよ」と笑うグレッグ。 「旅の思い出? そうね。私たちは新幹線のフリーパス(ジャパンレールパス)を買ってきたから新幹線にたくさん乗ったけど、新幹線の売り子がビールを届けにきてくれるサービスには感激したわ! アイルランドにはこんなサービスないから、ホントに最高だったわ!」とはメイヴ。いやメイヴ、それは車内販売で、あなたたちだけにビールを届けに来たのではないと思うんだけど……。  グレッグとメイヴにお願いをしてみた。日本滞在の10日間で、ふたりで何杯のビールを飲んだか、おおよそで構わないから教えて欲しいと。  スマホのカレンダーを見ながら、グレッグはアイリッシュ訛りの英語で教えてくれた。 「そうだなあ……。着いた日(9/19)は5~6杯。初めて使う日本円にドキドキしながら慣れていったよ。2日目(9/20)は日本の試合を見ながら10杯は飲んだかなぁ。あ!その前に入ったバーでも飲んだし、試合が終わったあとは食事しながら4~5杯は飲んだかな」 「3日目(9/21)は横浜で昼までゆっくり寝て、その後はホテルのラウンジで飲み続けていたから10杯じゃ足らないね。15杯くらい? どうだろう、いちいち数えてないからな(笑)」 「9/22(日)はランチでビールを飲んで、試合前にバーで飲んで、試合会場でも飲んで、(アイルランドの完勝に)気分よくなって試合後も飲んだから……数えられないね! それにしても日本に来てビールを何杯飲んだかなんて、聞かれるとは思わなかったよ(爆笑)」
次のページ 
いよいよ日本戦へ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事