ニュース

IKEA中国での人民マナーに戦慄

IKEA,中国 スウェーデン発の家具ブランド「IKEA」の上海店でインモラルにくつろぎまくる人民たちの姿がネット上で話題となった。しかし、その画像を見た広東省在住の日本人は「上海人はなんてお行儀がいいのだ」と言うではないか。つまり、広東人のIKEAでの傍若無人っぷりはもっとひどいというのである。そこで早速、取材班は広州市にあるIKEAを訪ねてみた。

 売り場には日本のIKEAでもおなじみの、モデルルーム展示が並んでいる。ところが、日本の店ではありえないXO醤の香りがどこからか漂ってくるではないか……。その香りの元をたどると、子供部屋のモデルルームにたどり着いた。そこではなんと、子供サイズの椅子とベッドに、おばちゃんたちがデカいお尻をどっかりと乗せ、発泡スチロールに容器入った腸粉(点心のひとつ)をつつきながら井戸端会議に興じているではないか! そこに、購入するつもりでモデルルームを見に来た富裕層の子息と思しき少女がやってきた。すると、おばちゃんたちはすかさず彼女に睨みつけ、何事もなかったようにその場に居座り続けた。結局、少女はモデルルームに足を踏み入れる こともできず退散……。

IKEA,中国 カルチャーショックにわななきながら、進んだ先はベッドコーナー。ここでは初老の男性が低反発マットレスの上に横になり、慎重に寝心地を吟味して……と思いきや爆睡していびきまで立てている。その横では、クイーンサイズのベッドの上で、若いカップルが人目も気にせずいちゃつきまくり、今にもおっぱじめそうな雰囲気だ。

※【拡大画像】はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=162253

IKEA,中国 驚愕の連続に喉が渇いた取材班は、一階にある売店でコーラを購入。同店では、ドリンクを購入すると紙コップが渡され、おかわり自由という方式を採用している。ホッと一息ついていると、一人の人民が駆け寄ってきた。

「そのコップくれないか?」

 彼は返答を待たずに筆者の手からコップをふんだくると、見事、タダ飲みに成功した。 恐るべき広州のIKEA。日本とは、まったく違った光景が広がっていた……。

【取材・文・写真/ドラゴンガジェット編集部
ガジェット好きのライターや編集者、中国在住のジャーナリストが中心メンバーとなり、2012年1月から活動を開始。東京と深セン、広州を拠点に、最新の話題をお届けする。




おすすめ記事