ライフ

免疫力を高める「唾液力」とは…インフル予防に効果あり、コロナも?

 新型コロナに限らず人類は常に疫病と対峙してきた。対策として肝要なのは自身の免疫力。今「唾液力」を鍛えることで免疫力が高まるとわかってきた。 唾液力の鍛え方

侵入してきたウイルスは唾液の力で一網打尽に!

 例年、この時期はインフルエンザの流行が風物詩だが、今年はそれよりも新型コロナウイルスの話題でもちきりだ。何とか感染を防ごうと、世界中でマスクが品薄状態となっており、まだまだ混乱が収まる気配は見えない。  だが、人々がすがるマスクも、実は市販レベルのものではウイルスの侵入を防ぐ能力はない。うがいと手洗いの励行はもちろんだが、それに加えていざ侵入してきたウイルスを自ら排除する力を上げる努力も、感染防止に不可欠だろう。  そうした観点から今、注目されているのが、唾液の力だ。インフルエンザや風邪を引き起こすような、上気道(鼻からノドボトケにかけての呼吸器)の粘膜から感染するウイルスに対しては、唾液に含まれる成分が感染予防の効果を秘めているという。唾液に関する研究を長年続けている神奈川歯科大学教授の槻木(つきのき)恵一氏に聞いた。 「最近の研究では、唾液中に含まれる『IgA(免疫グロブリンA)抗体』という免疫物質が、細菌やウイルスの感染を防いでくれることがわかってきました。口は外部からの細菌やウイルスの侵入にさらされやすいため、常に高い免疫力が必要になります。そこでIgA抗体が大活躍。口から入ってきた細菌やウイルスを素早く発見し、取り囲みます。そうすると、IgA抗体に囲まれた異物は、唾液の自浄作用によって洗い流され、体を守ってくれるのです」
唾液力の鍛え方

①体内に異物が侵入するとIgA抗体が包囲して、粘膜への付着を防ぐ。②IgA抗体をすり抜けた異物は粘膜に付着して感染症の原因となる

 たしかに、唾液中のIgA抗体の濃度が下がると風邪を発症するというデータもあり、IgA抗体が先天的に欠損するIgA欠損症患者の中には、インフルエンザなどの上気道感染症を繰り返す症例があるという。
IgA濃度と風邪発症の相関関係

アメリカズカップの男子選手38人を50週にわたり調査した結果、風邪発症前にIgA濃度の著しい低下が見られた

 ただ、あくまでも現時点ではIgA抗体が新型コロナウイルスに対して効果があるというエビデンスはない。だが、そもそも風邪の多くは既知のタイプのコロナウイルスによるもの。ならば新型コロナウイルスへの対策のひとつとして、唾液力の強化を試してみる価値はあるだろう。 「私の唾液力の定義は、『質のいい十分な量の唾液を分泌する力』のこと。以前は唾液の量だけが注目されがちでしたが、ここ数年は質も重要だということがわかっています。その唾液力が高ければ高いほど、免疫力が高まり体も健康な状態を保つことができるのです」  槻木氏によると、意識的にケアせずに放っておけば唾液力は低下していく。加齢に伴う唾液腺の機能低下で唾液の質は落ち、舌回りの筋肉の老化によって咀嚼力が落ち、唾液の量も減少するからだ。自分の唾液力の状態を知りたい人は、記事最後のチェックリストで確認してみてほしい。ここではまず、唾液力の質について槻木氏に解説してもらった。 「唾液の質は、実はお腹の調子とリンクしています。最大の免疫器官といわれる腸は唾液腺と相関関係があり、下痢、便秘、お腹が張って苦しいときなどは唾液中のIgA抗体の分泌が減る可能性があります。ですから、腸内環境にマイナスの悪玉菌を増やす脂っこい食品は、唾液力の面からも控えたほうがいい」  その逆に、IgA抗体の分泌を増やす食べ物としては、乳製品や発酵食品、食物繊維が挙がる。 「なかでもおすすめは、納豆、キムチ、そしてヨーグルトですね。特にR-1乳酸菌を含むヨーグルトは、私が実施した臨床試験で増加するという結果を残しています。また、唾液腺という臓器そのものは活性酸素に弱いため、活性酸素を除去する働きのあるトマトなどの抗酸化食品や、ビタミンCを積極的に摂るべきです。特にお酒は活性酸素を増やしますから、私は家で飲むとき、トマトサワーにしています」  さらに、食べ方にも注意点がある。早食いは避け、よく噛んで食べることが大切だ。細かく噛み砕かれることで食べ物の表面積が大きくなり、腸内で細菌による代謝が進む。そうするとIgA抗体の分泌にかかわる短鎖脂肪酸という物質が増えてくるという。 <唾液中のIgA抗体を増やす食品> ・乳製品(ヨーグルト・乳酸菌飲料など) ・発酵食品(納豆・キムチなど) ・海藻類  この他、食事以外にもウォーキングやストレッチなどの軽い運動を心がけることで、唾液中のIgA抗体を増やすことができる。大した苦労もカネもかからない割には、唾液力アップの見返りは大きい。一時的な新型コロナウイルス対策にとどまらず、長期的な健康生活を手に入れようではないか。
次のページ
「うま味成分」で唾液の量を増やす!
1
2
ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!

免疫力の強い身体は「唾液」で決まる


週刊SPA!3/17号(3/10発売)

表紙の人/ 藤田ニコル

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事