ライフ

おしゃれなデブが春夏に重宝しているアイテム4選…爽やかさを出すコツは?

 こんにちは、デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。  今回は春夏のデブ諸氏をより引き立たせてくれる「ちょい足しアイテム」をご紹介しますね。特に暑い時期(ポチャメンでいう4~10月)になると、ビッグボディの露出も増えるわけで、その体型をよりかわいく、おしゃれに、清潔に演出するという意味では持っていて損はないと思います。ぜひ参考にしてみてください。

●ちょい足しアイテム01「ハット」

 ハットはかぶりなれていないと「ちょっと勇気がいる」という方も多いのですが、慣れてしまうと非常に便利なアイテムなのです。  たとえば、アロハにもTシャツにもジャケットにも、すべてのコーディネートに合わせることができ、ハットをかぶるだけで、なぜか「おしゃれなポチャメン」という印象になります。もちろんポッチャリ体型の方だけではありませんが、ポッチャリボディにハットを被ると「おしゃれ」「かわいさ」がより強調されるわけです。 「暑い時期にはムレたり、熱がこもったりしそう」と考える方もいらっしゃると思いますが、頭を隠すことで野外では熱中症や紫外線予防にもなりますし、かぶらないほうが直射日光が直撃するので、いろんな意味を含めて便利な「ちょい足しアイテム」。通気性のいいストローハット(麦わら系素材)のようなものだと、より一層、快適かつおしゃれアイテムとして活用できると思いますよ。

●ちょい足しアイテム02「ジレ」(ベスト)

 こちらもワガママボディのポテンシャルを引き出してくれる「マジックアイテム」。旬というわけではないですが、だからこそコダワリを持って着ている感を出せる大人のアイテムなのです。  春夏のデブ諸氏は暑さ対策を含め、どうしても「プレーンなTシャツにハーフパンツ」スタイルになりがちなのですが、そんなときもジレを羽織るだけで「オシャカワ」なイメージに変身できるのが「ジレ」の便利なところだと思います。この場合の着こなしのポイントは、あえてワンサイズ下の物を選び、ボタンをしめないでラフに着こなすことです。  夏場にはボタンを締めてしまうと暑苦しく見えますし、風通しをよくし、ラフで涼しげなイメージで着こなすことがベストだと思います。「Tシャツ×ハーフパンツ」「白シャツonジレ」など、清潔感と大人のおしゃれ感を匂わせるコーデを試してみてはいかがですか。「Mr.babe」のアンケート調査でも大人女子の高感度が高いアイテムです。
次のページ
ホワイトスニーカーは鉄板アイテム
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事