ライフ

おしゃれデブに学ぶ「白シャツコーデ」。清潔感を損なうNG事項とは?

 こんにちは、デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。

白シャツほど「都合のいい服」はない

 日本人成人男性の3人に1人の選ばれし存在である「ポッチャリメンズ」の皆様! 「俺は太っているからおしゃれに興味ないよ」などとネガティブ(ネガデブ)ハートになっていませんか? そんな方たちに向けて、今回は「白シャツマジック」をご紹介しましょう! 「白シャツ」と聞くと、何も個性のない誰が着ても変わらないアイテムだと思っていませんか? しかし、実は面倒くさがり屋、もしくはおしゃれをどこか諦めてしまった方にとって、最も簡単に「おしゃれ感」「清潔感」「キレイめ感」のすべての要素が演出できてしまう「マジックアイテム」なのです!  そもそも白シャツは「誰でもそこそこ似合う」という特性がある、着用のハードルが極めて低いアイテムです。  だからこそ冒険することなく、サラリと着ることができ、シンプルにコーディネートすればするほど、大人のおしゃれ感を演出できる「都合のいい服」。とにかくあまり考えずにどんなアイテムとも合わせられるというわけです。  例えば、「白シャツ×デニム×スニーカー」でも「ジャケット×白シャツ×スラックス」でも「白シャツ×ハーフパンツ」でも、ほかのアイテムがどんな色だろうと、どんなデザインだろうと、無難かつ清潔感を出せる「デブ向きのアイテム」と言ってしまっても過言ではないと私は考えています。  この万能アイテムを持っていれば、ドレス系もカジュアル系もレパートリーが増えるため、コーデに悩む必要もなくなりわけです。おまけに主張が強すぎないので、周りの人に「お前、毎回同じものばかり着てるな」などと言われることも少ないと思います。

白シャツを選ぶ際の注意点は?

 ただし! 白シャツは確かに万能アイテムではありますが、以下の点だけは注意していただきたいです。 ●白は膨張色であり、色の個性がないため、ほかのアイテムには色の濃いものや鮮やかな色味を選ぶ。 →色の緩急を出すことでよりスッキリ感、清潔感が出ます。 ●サイズ感は袖丈、着丈、身幅ともベストサイズを選ぶ。 →どうしてもジャストサイズがない場合はお直しに出してください。ダボついていたり、短すぎたりすると逆効果になります。 ●汚れた場合、汗をかいた場合はすぐに洗濯する。 →白はもちろん汚れが目立ちます。首周りや袖周りが汚れていると、それだけで全体のイメージが逆転してしまいます。  これだけ守っていただければ、大人系「美ポチャメンズ」が簡単に完成します。では、実際に何パターンかのコーデ例を紹介していきます!

白シャツを活用したおすすめコーデ

◆コーデ1  この場合は薄い模様が入っていて真っ白ではありませんが、印象的には白いイメージになっています。トップにアクセントとしてハット&メガネを取り入れることで、シックな大人イメージですが、靴下に赤い差し色を使うことで緩急を出しています。細かな部分に遊び心を入れているので、女性からの好感度が上がる「モテコーデ」に仕上がっています。 ◆コーデ2  こちらは「白シャツ×ハーフパンツ」という涼し気なコーデですが、上下ともシンプルな色味を使っているので、首に薄手のストールを巻いてメリハリを出しています。派手な色をあえて使わず、さっぱり感重視のコーデなので大人の女性にも好まれるのではないでしょうか。
次のページ
若い女性にも好感度大なコーデも
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事