エンタメ

炎上アイドルユニットの運営がコロナで悲鳴「電気代すら払えない」

5月の予定は「すべて白紙」、9月のワンマンライブを成功させたい!

THE BANANA MONKEYS コロナの影響について前向きに語るサンカワさんだが、緊急事態宣言の期間が終わる5月以降の予定は「すべて白紙」だという。 「5月6日以降の予定は現状立てたくても、立てられないんです。まずライブハウスがいつから稼働するのかわからないし、毎回ワンマンライブにするわけにはいきません。他のアイドルたちも対バンしてくれるのかどうか……。緊急事態宣言が解除されても自粛ムードは続くでしょうし、お客さんも来てくれるのか。このままでは、本当に死んでしまいますよ、僕もユニットも。  現実的に見て、5月は今と状況は変わらないかな、と思います。9月に『新木場Studio Coast』でワンマンライブが決まっているので、7月頭までには何とかなっているように願っています。絶対に成功させたいんで」  釣りツイートがきっかけの取材だったが、サンカワさんは電話越しに力強く話した。コロナ不況でアイドル業界に限らず悲しいニュースが絶えない昨今だが、9月にはお客さんでいっぱいになっている姿が見れるように心から願うばかりだ。<取材・文/吉沢さりぃ>
ライター兼底辺グラドルの二足のわらじ。著書に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)、『現役底辺グラドルが暴露する グラビアアイドルのぶっちゃけ話』、『現役グラドルがカラダを張って体験してきました』(ともに彩図社)などがある。趣味は飲酒、箱根駅伝、少女漫画。『bizSPA!フレッシュ』『BLOGOS』などでも執筆。Twitter:@sally_y0720
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白