恋愛・結婚

モテない友人に翻弄される人々【男性編】

◆モテない友人への苦情ほどツライものはない

 SPA!という雑誌の編集をやっていると、様々な人々と出会う機会に恵まれる。とくにモテというキーワードは本誌の命題である。そのため、多くの恋愛的奇人変人のエピソードを聞いてきたのだが、【前編】で紹介したFさんのようなモテない友人によって被害を被ったという話は意外と多い。

⇒【前編】モテないヤツより、モテないヤツの友人のほうがツライ!
http://nikkan-spa.jp/167113

「態度がでかいというか、人の話を肯定しないんです。女のコが『この前行った●●ってラーメン屋さんのつけ麺が美味しかった』みたいな話をすると、得意気な顔して『いや、あそこは随分と味が落ちたよ。今なら▲▲の方が美味いね』って、んなもん、適当に『美味しいよね~』って言っときゃイイんですよ。そうすりゃ話も盛り上がるんだから。盛り上がったら、その▲▲って店のネタでも振ればいいのに。いちいち人の心を折る天才です」(Fさん 34歳・家電メーカー)

 肯定話法という言葉を教えてあげたいモノである。まぁ、きっと俺は何でも知ってるぜ! アピールをしたいんだろうけど……。

「紹介してくれっていうから会社の後輩のコと飲み会をセッティングしてやったら、話すネタがないもんだから俺のことばっかネタにするんです。で、後輩のコも飽き始めたら、なんと、大学時代に俺がそいつとは別の友達とクラブでナンパしたコと3Pした話をし始めたんですよ。もちろん後輩はドン引き。一応、会社じゃそれなりに真面目なキャラで通ってたのに……」(33歳・男性・証券会社)

 人の下半身事情の暴露はNG。あと、リアルな下ネタは笑えないので要注意だ。

「ドラゴンズが大好きな友人は、試合の日程に合わせてシフトや出張を組むという筋金入りのファン。でも、コイツを合コンに呼ぶと、人の価値基準が全て野球なんですよ。大阪出身のコなんか『とくに野球には興味がない』って言ってるのに、大阪ってことだけで阪神ファン認定。もちろん、所沢出身ならライオンズ。名古屋出身で巨人ファンだったコが来た時はすごかったですね。ガチで罵倒してましたから……。終始こんな調子なので、プロチームがない地方出身のコなら…と思って新潟出身のコを紹介したら、『ハードオフスタジアムはイイね!』って……。野球以外の話をしてくれよ」(37歳・男性・商社)

 スポーツと政治、そして宗教の話はNGと言いますが、ここまで極端な例はそうはいないかと……。ちなみにこの熱狂的ドラゴンズ男の話をしてくれた商社マン、筆者も知ってるんですが、よくコイツに女を紹介したなぁと思わず感心してしまった。

「彼女ほしい!ってうるさいから何度か飲み会をやってあげたことがあるんだけど、女を前にすると急に無口になるんですよ。で、ネタなのか知らないけど『俺、草食系なんで…』って、誰も笑わねぇよ! それで結局はメアドも電話番号も交換せずに終わるんですが、その後に『話が合わなかった』とか『好みのタイプじゃなかった』って平気で言いやがるんですね。仮に好みのタイプじゃなくても、大人なんだから俺の顔立ててメアドくらい聞いとけよ!」(32歳・男性・不動産)

 草食男子なんて言われている男の大半は、ただ単に礼儀や常識を知らない男なのでは……と思ってしまう。

「飲み会で過去の恋バナで盛り上がることってあると思うんですが、友人はその数少ない恋愛経験を延々と語るんです。いかに自分がモテたのかっていうモテ・アピールなんでしょうが……。酔って、感極まって泣かれたこともありました。女のコたちは何事か!とビックリしてました」(35歳・男性・出版)

 モテ・アピールで成功した男っているのだろうか……。モテ・アピールや女遊び自慢はしない方がよいだろう。

「とにかくケチ。もう、こっちは三十代半ばでそれなりに稼いでます。でも、友人は合コンでも1円単位まで割り勘にしようとするんです。それに対して『男なんだから……』とたしなめると、『あんなブスにカネ払うことない』って……。ちょっとでも話が合わなかったりすると、あからさまにイヤな顔して場の空気を乱すんです」(36歳・百貨店)

ケチほどモテない男はいない……。懐の深さは男の度量を示すバロメーターではなかろうか。 <文/テポドン>

⇒モテない友人に翻弄される人々【女性編】に続く
http://nikkan-spa.jp/167626

― モテないヤツより、モテないヤツの友人のほうがツライ!【2】 ―




おすすめ記事