ライフ

芸能人への誹謗中傷問題。人生経験豊富な熟女キャバ嬢が物申す…

中学生の子供がいるキャバ嬢は…

 若い世代に犯罪と伝えることで誹謗中傷はなくなっていくのでは……と語るアヤナさん。そんな中、誹謗中傷を生む現代の教育にも問題があると語るのは中学生の子供がいるというシホさん(仮名・33歳)だ。 「私達の世代って学生の頃に学校の裏掲示板とかがあって、それが規制されないまま大人になってしまった人もすごく多いと思うんです。今はそういった掲示板は監視されていて発見次第削除されるようになっていますが、その代わりクラスのグループLINEが問題視されています。全員がメンバーになっている連絡網グループの他に裏グループラインというのがあって、そこで特定の生徒の悪口を書いてクラスメイトの1人が登校拒否になってしまったそうです。 学生 学校側がちゃんと監視して中傷を書いた生徒をホームルームで注意でもしない限り、こういったイジメはなくならないと思います。少し手荒かもしれないけれど、学生の段階で他の生徒の前で晒すことで、ネット中傷は抑止できていくと思います」  最近、ようやく注目されるようになったネットでの誹謗中傷だが、実際は十数年前からあった。自殺者が出てしまった今から規制されていくのは、あまりにも遅すぎたのかもしれない。シホさんのいう通り、幼い頃から教育の一環としてネットモラルを学ばせることが必要なのかもしれない……と思った。<取材・文/カワノアユミ>東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事