ライフ

ウーバーイーツvs出前館、頼むならどっち? 配達員に聞いた裏事情

 サービス過多な時代において、少しでもお得なサービスを賢く選択することが利用者にも求められている。そこで今回は各分野のトップ2を徹底比較。withコロナに適応した、最新サービスの選び方をその道のプロが伝授し、最強を決めた!
賢く生きる[情強サービス]決勝戦

「ウーバーは配達しながら、最終的に自分の家の近くに戻ってこられると達成感がありますね」(金城さん)。反対に自宅から離れた場所に行きすぎると難儀だが、ゲーム感覚で稼げる楽しさがあるという

料理配達ならどっち? Uber Eats VS 出前館

 外出自粛やテレワークの普及で急速に需要を伸ばした料理のデリバリー代行サービス。そのトップ2といえば、Uber Eatsと、出前館だろう。半年前からUber Eatsで配達員として働く金城祐也さん(仮名・30歳)は「自分が利用するなら出前館がいい」と言い切る。 「ウーバーは、アプリで登録して運営会社から配達用のバッグを受け取れば、誰でも配達員になれる。バッグも安定性がなく、自転車の漕ぎ方が下手な人は、料理なんてすぐこぼしちゃいますよ」  スキマ時間で稼げるウーバーは、若者からお年寄りまで、配達員も千差万別。スキルにも差がある。 「バッグが安定するように底の部分に板を入れるなど、涙ぐましい努力をしている人もいますが、こぼれた料理を拭き取らず、バッグが汚いままの配達員もいる。これからの季節には極めて不衛生です」
賢く生きる[情強サービス]決勝戦

出前館では自転車やバイクが支給される。ただし、交通違反など自分の落ち度で反則金が生じた場合は自己負担となる

 一方、出前館は運営会社が宅配ボックスを支給。出前館デリバリー歴3年の吉田猛さん(仮名・41歳)も出前館を推す。 「バイクの後ろに取り付ける出前館の宅配ボックスは、比較的料理がこぼれにくい構造になっています。店舗側も料理にぴっちりラップをするので、配達中に汁が飛び散ることはないですね」  ちなみに、ウーバーは料理にラップをしない店もあり、配達員がつまみ食いした事例もあるとか。 「フライドポテトとか、魔が差してちょいちょいつまんでいるって話は稀に聞きます」(金城さん)  だが、一品から気軽に注文できるウーバーは、フードデリバリーの中でも圧倒的に利用者が多い。
次のページ
配達員になって稼ぐならどっち?
1
2
週刊SPA!8/4号(7/28発売)

表紙の人/ ゆきぽよ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事