ライフ

タクシードライバーが恐怖する“魔のエリア”。銀座で無造作に客を拾うと…

銀座の車道 どのタクシードライバーにも得意な場所、不得意な場所があるが、都内を運転する以上、やはり避けては通れない場所が、銀座と歌舞伎町。行きたくなくとも必ずつれていかれる、都内でも一番といっていいほどの稼ぎ場所だが、そんな街に尻込みするドライバーがいるのも事実である。

稼げる場所の意外な落とし穴

 銀座は激戦区ではあるが、客単価もよく稼ぎ場であるのになぜ尻込みするのか?と思うかもしれない。ご存知の方もいるかもしれないが、夜の銀座にはタクシーにしかないルールがある。それが、銀座の“乗禁”地区。  乗禁とは何? といえば乗車禁止の略である。  平日(月~金)の22時~25時(1時)までの間、銀座5丁目~8丁目では指定乗り場以外では乗客を乗せることはできないというルールである。たとえ乗り場以外で乗客の申し入れを断っても乗車拒否にはならない。  たまに乗車拒否されたと文句を言う客もいるが、万が一乗せたら大変だ。タクシーセンターという東京のタクシー業界を統括する協会団体が違反者がいないかと常に目を光らせている。  よく乗禁時間に銀座までの乗客を降ろすと銀座のルールを知ってか知らずか(乗り場まで行くのや並ぶのが面倒臭いという確信犯的な人もいる)同時に乗客が滑り込むように入ってくる事があるが、ここでドアを閉めたらアウト! 乗客を乗せたとみなされタクシーセンターの係員が一斉に駆け寄り囲まれて御用となる。  側から見れば、その光景は摘発を受けた犯罪者そのものだ。乗禁違反を起こしたらペナルティーが課せられ、違反点数がたまると個人だけではなく、会社自体が乗禁時の銀座での営業ができなくなる。そういうこともあり、新人にはイの一番に銀座のルールを徹底的に叩き込む。また万が一違反を犯し、同僚に後ろ指刺される思いをしたくないドライバーは尻込みをしてしまう。
銀座タクシー乗り場

銀座タクシー乗り場、22時~25時は乗り場以外乗車禁止。出所/東京タクシーセンター「銀座乗車禁止地区におけるタクシー乗り場」

次のページ
やはり尻込みする“眠らない街”
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事