デジタル

「モバイルSuicaのクレカ紐付け」が優秀、これだけで日常は事足りる

 長い目で見れば、今はキャッシュレス決済時代のカンブリア紀である。大海に放たれた各銘柄は日毎に進化しているが、一方で「種類の多さ」が摩擦や問題をも生み出している。PayPayは使えるがSuicaは使えない、というような事例だ。  だがこの記事では、「クレジットカードの使えない店舗」について言及したい。即ち、今まで現金決済のみだった店舗が最近になって交通系ICカードでの決済を導入したというパターンである。この場合、スマートフォンのモバイルSuicaが大活躍するはずだ。

クレカ非対応の店で

suica

画像はイメージです(Photo by Photolibrary)

 先日、このようなことがあった。大手宅配業者の直営店へ行き、荷物を発送しようとした。その際の料金をクレジットカードで支払おうとしたが、ここではクレカは非対応。が、交通系ICカードには対応していた。  この直営店から最寄りのATMまでは、中途半端に距離がある。それ以前に、現金引き出しは手数料が発生するから利用したくない。しかし幸いにも、筆者はiPhoneユーザー。モバイルSuicaを使って無事に荷物を発送することができた。その際の残高は紐付けのクレカからチャージする、という方法である。  このように、モバイルSuicaは「クレカ非対応」の急場を救ってくれるものだったりするのだ。
次のページ
「その都度チャージ」もできる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事